2017年01月04日

軽井沢・草津旅行(1)軽井沢プリンスホテルスキー場

 オーツは、年末が近づく時期に長男家族・次男家族と一緒に3家族旅行に行きました。宿泊先は草津温泉の中沢ヴィレッジにしました。草津温泉のそばに草津国際スキー場があります。もともとはそこに2日間通い、スキーを楽しみ、半日くらい(中沢ヴィレッジの)温水プールで遊ぼうという計画でした。
 出発前日に天気予報やスキー場の積雪などを調べました。すると、草津国際スキー場は、積雪が十分でなく、滑れるところが少ないということがわかりました。そこで、1日目は草津に行かず、軽井沢のスキー場に行くことにしました。軽井沢は人工雪ですから、確実にスキーができるのです。
 少し目的地が近くなったこともあり、出発時刻を遅らせました。
 もともとは朝 5:00 出発予定でしたが、それを 6:00 に変更しました。実際は、オーツが自宅を出たのが 6:00 で、息子たちのところを出たのは 6:20 になっていました。
 関越道はほとんど混んでいませんでした。まだ本格的なスキーシーズンでないためでしょう。
 7:40 から 8:40 まで、上里サービスエリアで休憩し、朝食を食べることになりました。
 ちょっとフードコートをのぞいてみると、けっこう混雑していました。オーツたちは、大人6人、子供3人の9人組ですので、みんなで一緒にゆっくり食事できる感じではありませんでした。そこで、「地産レストラン 上里プリンス」というレストランに行きました。
https://tabelog.com/saitama/A1105/A110504/11022137/
こちらは9人が並んで座ることができました。フードコートの混雑ぶりとは大違いです。価格帯が少し違うことが影響しているのでしょう。まあ席料込みだと思えば、そんなに気になりません。
 ここは、レストランとはいえ、朝食時間帯はメニューが限定されます。モーニングセット、サンドウィッチ、和朝食、朝粥定食といったものです。オーツは、朝粥定食 980 円を食べることにしました。

karui1.JPG

 これがおいしかったですねえ。おかゆが小鍋の中でとろとろに煮込んであり、ずいぶん時間が経ってもあまり冷めないようです。手元の御椀におかゆを取り、海苔の佃煮や昆布の干物などをのせてかき混ぜながら食べると、天国に登る気分でした。寒い時期にはぴったりの朝ご飯です。
 みそ汁もおいしかったと思います。1,000 円未満でこんなものが食べられると、幸せが実感できます。
 妻は和朝食にしました。

karui2.JPG

 この写真は隣の席から撮ったものなので、画像として少しゆがんでいますが、だいたいのようすはわかると思います。ごく普通の朝ご飯といった感じです。こちらもおいしかったようです。
 この店での朝ご飯は再度食べてもいいと思います。

 さて、こんなことで軽井沢プリンスホテルスキー場
http://www.princehotels.co.jp/ski/karuizawa/
に10時ころ到着しました。
 オーツはスキーをたっぷり楽しみました。いろいろなコースが用意され、リフトもたくさん動いていました。ただし、人工雪なので、シャリシャリした雪の感覚がいかにも氷を削りましたということを物語っていて、雪質の面ではイマイチの感じでした。
 子供たちはスノーパーク
http://www.princehotels.co.jp/ski/karuizawa/coursemap/snowpark.html
で遊びました。オーツの妻が子守役になりました。
 6歳になった孫はスキースクールに入って、レッスンを受け、ほんの少しだけ滑れるようになりました。
 オーツたちは、16:00 には軽井沢のスキー場を出発しましたが、草津温泉の中沢ヴィレッジに着いたら 17:30 になっていました。クルマの中では子供たちが疲れて眠ってしまいましたので、すいている道路をかなり飛ばしたのですが、それでもこの時間です。ホテルに着いたら真っ暗になってしまいました。
posted by オーツ at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445524695
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック