2016年12月06日

ホテルニューガイア薬院@福岡市に宿泊

 オーツは、福岡に用事があって2泊ほどの日程で出かけてきました。
 宿泊したのは「ホテルニューガイア薬院」というホテルでした。
http://www.hotelnewgaea.com/yakuin/
シングル朝食付きで1泊1万円を越えるホテルでした。オーツは、もう少し安い料金で泊まれるかと思っていたのですが、楽天トラベルで探してもこんなホテルしか見つからなかったというわけです。まあ高すぎるほどでもないので、ここに決めました。
 予約時、朝食を申し込んでおいたはずなのに、チェックイン時には朝食券を渡されませんでした。自分の部屋に入ってから、なんか不思議な気がして、室内にある電話機でフロントに尋ねたら、係員が朝食なしで予約されていると言い、ややあってから朝食付きだということになりました。それから、係員が朝食券2日分を部屋まで持参してきてくれました。珍しいミスだと思います。
 部屋はなかなか快適でした。特に、大きなベッドがよかったですねえ。ゆっくり眠れました。
 ベッドサイドの壁際にエアコンのスイッチ兼コントローラがあり、寝ながらでも調節できるのは便利だと思います。しかし、コントローラがそこにしかないので、起きているときにエアコンの on/off をしようと思うと、幅広いベッドの上を通っていかなければなりません。ベッドの反対側につけてあれば、寝ながらでも、起きながらでも操作できてもっと便利だろうにと思いました。
 オーツが驚いたことに、居室の床とバスルームの床の高さが 20cm くらい違うのです。それに加えて、バスルームのドアは、バスルームの床から 10cm くらい高いところに付いていました。ということは、居室からバスルームに入るときは 30cm くらいの段差を乗り越えていくことになります。オーツは、今までいろいろなホテルに泊まりましたが、経験したことのないレベルの段差でした。バスルームから出るときには、10cm の壁があることになり、つまずきそうな感じだし、20cm の段差で上から下に降りるのは「よっこいしょ」という感じになります。水が入ったポットを片手で持ってバスルームから出るときには、あやうくよろけそうになりました。ドアの外枠に手をつきましたが、当然ながらそんなところに手すりもないわけです。この段差は、高齢者にはちょっときついかもしれません。
 ホテルの最上階の9階には大浴場があって、ゆっくり手足を伸ばして入れます。温泉ではありませんが、まるで温泉旅館に泊まっているような感じで、よかったです。湯温もちょうどよくセットされていました。自室のユニットバスに入るよりも気持ちがいいと思われます。
 しかし、実際大浴場に入ってみると、浴室が寒いのです。ふと気がつくと、浴室の周りの大きなガラス窓のそばにジャロジー窓が付いていて、それが開いていて、外気を取り込んでいるのでした。浴室内には換気扇も回っていました。道理で寒いはずです。オーツはジャロジー窓を閉めることにしました。浴室内の湯気が天井などに結露することを防ぐためかもしれませんが、今の時期に窓の開放は似つかわしくないように思いました。露天風呂ではないのですから。
 朝食は 6:00 から食べられるようになっていました。これはありがたかったです。たいていのホテルでは 7:00 からという場合が多く(中には 8:00 からという場合もあって)、普段のオーツのライフスタイルと違ってしまうのですが、6:00 ならばそういうことがなく、十分でした。和食の定食が出てきましたが、焼き魚や明太子など、おいしかったです。掲示によれば 1,080 円相当のようです。まあそんなものかと思います。
 この食堂はランチ時もディナー時も営業しています。居酒屋兼用です。そのため、テーブルの上にメニューが置いてありました。朝食が出てくるまで時間があったので、何気なくメニューを眺めていると、ビールの次に焼酎が何種類も並んでおり、さらにチューハイ、ハイボール、ソフトドリンク、ワイン、果実酒が書かれていて、日本酒が最後の方にちょこっと書かれています。日本酒を注文する人が少ないのでしょうか。九州だからこういう書き方なのかと思いましたが、地元の人に聞くと、九州地方の南側(熊本以南)は焼酎がメインだけれども、福岡を含む北側はそうでもないとのことで、むしろ日本酒がメインだと言っていました。まあホテルですから、利用者の多くに合わせるようにしていたのかもしれません。福岡に宿泊する人は、オーツのように関東近辺から来る人よりも、鹿児島や熊本あたりの人の方が多いのかもしれません。メニュー一つでそこまで言い切ってしまうのはどうかと思いますが、ちょっと注意して見ていきたいものだと思います。
 たぶん、再度泊まることはなさそうに思います。
posted by オーツ at 04:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444639206
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック