2016年12月03日

親善と友好

 オーツがネットにある記事を読んでいると、
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3221.html
次のようなことが書いてありました。「明治以来の官僚用語で、親善というのは同盟国に、友好は敵対国に対して使う言葉です。だから日中は、いつも日中友好です。」
 オーツは、「へえ。ホントかな」と思いました。
 ネットを検索してみると、同類の趣旨を書いてある記事がいくつか見つかりました。
http://plaza.rakuten.co.jp/yizumi/diary/201207260000/
http://ameblo.jp/nyaonnyaon/entry-11313940464.html
http://businessman-ikusei.air-nifty.com/200602/2014/10/post-97b1.html
オーツは、親善と友好のこういう違いは知りませんでした。
 こういう使い分けがあろうとは全然考えてもみませんでした。
 一つ利口になりました。それにしても、こういう知識、いったいいつまで覚えているのでしょうか。
ラベル:親善 友好
posted by オーツ at 04:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック