2016年11月16日

白菜が高い

 オーツは、自宅に買い置きしてあった白菜を食べきったため、近所のスーパーに買いに行きました。
 ところが白菜の値札を見てびっくりです。1/4 にカットされたものが 198 円で売られていました。
 今までだったら、1/4 サイズであれば、100 円前後で売られていたはずで、安いときには、1個のカットされていない白菜が 198 円で売られていたこともありました。それに比べると、異常と言っていいほどの価格です。まるで4倍に値上がりした気分です。
 オーツは白菜を買うのをあきらめました。しばらく待っていれば、値段が落ち着いてくるだろうと思いました。まあ、それまでキャベツなりレタスなりでしのごうと思います。野菜にはいろいろあるのですから、白菜の代わりに他の野菜で間に合わせることができます。どうしても白菜を食べたければ(そんなことはありませんが)漬け物(塩漬け)やキムチでも食べればいいでしょう。
 当然のことながら、オーツが普段持ち歩いている財布の中身からいえば、198 円が出せないわけではありませんが、値段が少しくらい高くても平気で買うようなことをしていると、市場が持っている需要と供給によって価格が決まるメカニズムがうまく働かないことになります。つまり、高い白菜を買うことは市場(さらには生産者)に間違ったメッセージを送ることにつながるのです。だから、高いときには買わないようにして、安くなったら買うべきです。みんなが一致してそのように行動すれば、需要が減るので、白菜の価格もきっと下がるはずです。
 ただし、お客さんを迎えるために鍋料理を用意したいとか、何かの理由で白菜を買うことになった場合は、高くても買っていいでしょう。
 特に理由のない、普段の状態では、どうしても食べたいとなるギリギリのところまで待つべきです。たぶん、1ヶ月もしないうちに(オーツの勝手な予想では2週間程度で)白菜の価格が下がってくると思います。
2016.11.20 追記
 数日後に白菜を買いました。
 その話を
http://o-tsu.seesaa.net/article/444149873.html
に書きましたので、よろしければご参照ください。
ラベル:白菜 価格 高い
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック