2016年11月12日

蓼科旅行(2)たてしな藍@茅野市蓼科高原に宿泊

 オーツたちは、蓼科高原で「たてしな藍」に1泊しました。
http://www.tateshina-ai.co.jp/
 とてもいいところでした。
 15:30 ころ、旅館に到着しました。
 まずチェックインですが、カウンターで行うのでなく、ロビーに通され、ソファに座って書類を書きます。そのとき、お茶と一緒においしい和菓子が出されました。こういうお菓子を味わうと、気持ちが和みます。
 オーツたちの宿泊プランでは、貸切露天風呂が1回45分間無料とのことでした。毎正時から45分間です。あとの15分間で清掃が入るそうです。そこで、オーツたちは 16:00-16:45 に入ることにしました。
 貸切露天風呂には、檜風呂の「水長の湯」と岩風呂の「山高の湯」がありますが、オーツたちは後者を選びました。
http://www.tateshina-ai.co.jp/pr_spa.html
この露天風呂がとてもすばらしいものでした。湯船に入ると、目の前に紅葉した木や草の茂みが広がるのです。まだ早い時間帯でしたので、日没までには時間がありましたが、こういう時間帯だと、太陽からの日差しが紅葉をいっそう引き立てるのです。カメラを持って行かなかったのが少し残念でした。
 ややぬるめの露天風呂に浸かりながら、紅葉を独り占めにして(実際には妻と二人でしたが)眺めるのは何とも言えない気分でした。自分だけがこの景色を眺めることができるという、一種の優越感みたいなものです。
 貸切風呂は30分ほどで切り上げましたが、それでもずいぶんゆっくりした気分でした。
 風呂上がりには、ロビーでところてんと冷たい麦茶がサービスされました。これまた気持ちいいサービスでした。
 客室は、NC タイプと言って、和室10帖の他に、窓際に掘りごたつの付いた小部屋が続いていました。
http://www.tateshina-ai.co.jp/room_stj.html
 きれいな部屋で、快適でした。窓の外側には、こちらも紅葉が一面に広がっていました。

tatesina3.JPG

窓から見える景色が一幅の絵画になっていました。いやはや、圧倒的な迫力でした。
 夕食は 18:30- ということにしていましたが、18:20 ころに部屋に電話があり、夕食の準備ができたということでした。
 夕食のメニューは以下の通りです。「霜月のお献立」というメニュー表から書き写しました。

1.食前酒 オリジナルカクテル
1.小鉢  蕎麦の実寄せ豆腐 胡麻味噌掛け
1.旬菜  舞茸初霜焼き 岩魚昆布〆寿し蕪巻き 鱒子
      柿と蒟蒻の利休和え 奈良漬春日揚げ
      里芋の雲丹焼 海老新丈俵揚げ
1.御椀  鶏丸のスープ仕立て しろ菜 口柚子
1.造里  信州サーモン昆布〆 刺身蒟蒻 妻一式
1.台の物 信州牛の石焼き
1.御凌ぎ かぶら蒸し 白身魚 銀杏 菊花庵 隠元
1.焼き物 よもぎ麩柚子味噌田楽 湯葉豆腐赤味噌田楽
         鴨ロースレモン塩焼き
1.合肴  秋の実り盛り合せ
1.煮物  たぐり湯葉含め煮
         紅葉麩 青味 牛蒡 べっこう飴
1.御飯  きのこ御飯
1.止椀  白みそ仕立て
1.香の物 三種盛り
1.水菓子 季節の果実 ぶどうゼリー寄せ

tatesina4.JPG

 食事処のテーブルに座った段階では、食前酒、小鉢、旬菜がセットされていました。
 夕食時には信州の地酒を一人グラス1杯サービスということでした。オーツたちは二人なので2杯です。チェックインの時に仲居さんに銘柄を聞かれたので、宮坂酒造の「純米吟醸 辛口生一本」と、小野酒造の「純米吟醸 夜明け前」を選びました。結果的に2杯ともオーツが飲むことになりました。それぞれ辛口で、1合ずつ提供されました。アルコールは、食前酒+2合の冷酒で十分なように感じました。ビールを飲むと、おなかにたまってしまいそうです。
 食事の方は、どの料理もおいしかったですが、信州牛の石焼きが特においしかったです。台の上に熱した石板の台座が置いてあり、その上に具材を置くと焼けてくる仕組みでした。霜降りの牛肉が1人分3切れでしたが、この肉の味が抜群でした。それ以外にも野菜などを焼いて食べます。
 夕食後には、20:00〜21:00 の時間帯にロビーにて毎夜「光と音の夕べ」が開催されるとのことです。ジャズの音楽(音量)に合わせて光量が変化する照明を使って、庭をライトアップしていました。さらに時間に応じてゆっくりと色が変わっていくライトもあり、幻想的な見え方でした。昼間見るのとはまた違った庭が楽しめます。そして、ここでも、赤、白のグラスワインが一人1杯サービスされます。オーツは白ワインにしましたが、よく冷えていて、おいしくいただきました。食後のワインもいいものです。
 ロビーでゆっくりして部屋に戻ると、夜食用に「そば寿司」が部屋の冷蔵庫内に用意されていました。夜食としては食べる気力がなかったのですが、オーツは夜中にトイレに起き出したときに食べました。妻は、朝になってから食べていました。
 布団を敷くときには、氷入りの冷水も枕元に用意されていました。これまたうれしいサービスです。
 朝食もおいしくいただきました。
 朝食後には、オーツはロビーでコーヒーをもらいました。妻は別の場所で抹茶をもらっていました。
 こんなわけで、1泊2食付きでのんびり過ごして、一人 25,000 円でした。(入湯税 150 円が別途かかります。)今回は、テレビ局の企画に応募する形で申し込んだので、少し安くなっているか、有料のサービスが無料で付いているかしているのでしょう。

 なぜ名前が「たてしな藍」か。それは、敷地内に藍染めの工房があり、旅館内の調度品がすべて藍が基本になっているからです。座布団カバー、浴衣、作務衣、半天、シーツ、枕カバー、コースター、などなどです。一貫した色調は、これはこれで落ち着きがあります。
 館内には、あちこちに花瓶や置物などがありましたが、多すぎてうるさいわけでもなく、適度な間隔で飾られていました。これは、オーナーのセンスの良さを反映しているものと思います。

 それにしても、いい宿でした。また泊まりたいと思いました。
 帰りがけには、3年間有効の 2,300 円分のクーポン券をもらいました。きっと無駄にしないと思います。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443776160
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック