2016年11月02日

銚子旅行(2)絶景の宿 犬吠埼ホテルに宿泊

 オーツたちが泊まったのは「絶景の宿 犬吠埼ホテル」でした。
http://www.inubohsaki-hotel.com/
 元は「犬吠埼京成ホテル」と称していたようです。改名は2012年4月とのことです。ホテルから見える景色は「絶景」でしょうか。まあそう言って言えないこともないです。南側に部屋が並ぶ形ですが、北東側には犬吠埼灯台がすぐ目の前に見えます。
 オーツたちは、16:10 くらいにホテルに着き、ちょうどいい感じだなあと思いました。まだ暗くなっておらず、景色が見える時刻でした。温泉をゆっくり楽しむことができそうです。
 ところが、ここでトラブル発生です。オーツのクルマの左前のタイヤがパンクしていたのです。至急手当てをしないと、翌日の行程および帰京のための高速道路の利用で支障が出そうです。
 オーツは、ガソリンスタンドに行って、スタンドの店員に空気を補充してもらい、近くのタイヤ販売店を尋ねました。イエローハットがあるということで、スタンドの店員がクルマのカーナビに位置をセットしてくれました。助かりました。
 突然の夜中のドライブになりました。イエローハットは10分ほどのところでした。タイヤ交換は30分くらいで終わりました。
 作業後にホテルに向かうときには、もう真っ暗になっていました。そういう時間に知らない道を走るのは不安なものです。カーナビは本当にありがたいと思いました。
 18:00 過ぎにはホテルに戻ってこられました。
 夕食時間は妻が遅い時間帯に変更してくれていました。
 オーツは温泉に入り、ちょっと部屋で休んで夕食会場に行きました。
 今回の宿泊プランは、「リッチに海鮮プラン♪」にしました。普通の食事にあわびのバター焼き、伊勢海老の鬼殻焼がついた形です。土曜日の宿泊で、2食付きで一人 21,600 円でした。
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/aspp0200.asp?hidSELECTCOD1=64920&hidSELECTCOD2=001&hidSELECTPLAN=A1TOL
 特においしかったのは、あわびのバター焼きでした。固形燃料を使った一人鍋の形式で提供されます。ふたを開けるとあわびが1個うごめいています。生きているのです。ふたをして固形燃料が適当に燃えたところであわびを食べてみると、けっこう柔らかくなっていました。いい味をしていました。
 一方、伊勢海老の鬼殻焼は、イマイチでした。実は、そこまでの懐石料理のコースでかなり満腹になっていたため、大きな伊勢海老一匹分が縦に二つに分かれて出てきたときには、「さらにこんなに食べるの?」といった感じになっていました。一般論としては、伊勢海老はおいしいと思いますが、満腹の時に食べるのでは、やや残念なことになります。
 部屋のトイレには、ウォシュレットが付いていました。ところが、オーツが(小用のために)座ってみると、便座が冷たいのです。普通は暖房便座で温かくなっているはずなのですが、……。
 その後、妻がウォシュレットを使ったとき、全然水が出ず、おしりが洗えないということになりました。妻は「ウォシュレットが壊れている」と言いました。それは大変です。オーツがトイレ周りを見てみると、プラグはコンセントに刺さっています。しかし、ウォシュレットの電源スイッチが入っていないことに気がつきました。スイッチを入れたら、普通にウォシュレットが使えました。
 それにしても、ウォシュレットのこのような設定はホテル側のミスでしょう。普通は、ウォシュレットの電源を入れたままにしておくものです。もしかして、節電を考える場合は、客が入室する前にスイッチを入れておくものではないでしょうか。まさか、電源が入っていないとは思いませんでした。
posted by オーツ at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック