2016年10月21日

ミオ・おいしくって毛玉対応

 オーツの自宅ではネコを飼っています。普段、ネコはドライタイプのキャットフードと水で生きています。
 キャットフードのメインは「総合栄養食」です。要するに、これと水だけやっておけば、ネコの栄養は十分だというわけです。総合栄養食にもいろいろな種類がありますが、オーツはマツモトキヨシに行って「ミオ・おいしくって毛玉対応」というのを買ってきます。味は数種類あるようです。
 なぜこれにしたか。当然ながら、一番安いからです。
 amazon のサイトを見てみると、2.7kg の製品で 690 円くらいです。マツモトキヨシでは、798 円でした。う〜ん、高い!
 もっと高くて、猫が喜んで食べるキャットフード(総合栄養食)もあるのですが、そんなのを与え続けていると、猫が肥満になりそうです。ネコは、少しやせているくらいがちょうどいいのだろうと思います。だって、別に働くわけでもなく、1日中自宅内でゴロゴロしているだけなのですから。
 与えたエサを食べきる前に追加してしまうので、いつもお皿の中にエサがある状態です。しかし、ネコは一気に食べるようなことはなく、自分で適宜抑え気味に食べているようです。
 まあ、こんなふうに、とびきりおいしくもなく、そこそこ食べるようなキャットフードがネコには適しているのではないでしょうか。

参考記事:
2008.3.12 キャットフードの値段
http://o-tsu.seesaa.net/article/89240617.html


posted by オーツ at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック