2016年10月07日

旅館の情報公開

 先日のオーツのブログ記事「大学の情報公開」
2016.9.26 http://o-tsu.seesaa.net/article/442255604.html
と関連する話です。
 旅館の夕食・朝食の開始時刻については、ホームページなどでも不明な場合が大半です。これがいろいろ困った問題を引き起こします。
 実際は、旅館の側の人手の確保とか、温かいものを温かく提供しようとすることで、朝食・夕食ともだいたい決まっていることが普通です。夕食は、たとえば 18:00- 18:30- 19:00- の3通りとかいうことです。そのことは特に問題ではありません。問題は、それがサイト内(の目立つところ)に明示されていないことです。
 温泉(大浴場や露天風呂)の入浴時間なども同様かもしれません。温泉の場合、24時間風呂だとしても、清掃の時間帯などがあって、本当の意味でいつでも入れるわけではありません。大浴場があっても、騒音や照明などの影響で、近隣との協定を結んでいたりして、大浴場の利用時間が制限されている場合もあります。露天風呂は大浴場よりも利用時間が短い場合があります。大浴場にサウナがついている場合もありますが、サウナは朝には使えないことが多いと思います。まあ、部屋に付属の風呂はいつでも利用できるというものでしょうが。
 ビジネス上の出張の場合は、(夕食の付かないホテルに泊まることも多いし)大した問題ではないのですが、個人単位の観光旅行の場合などでは、どこを回って何時ころチェックインするか、その後、風呂に入る時間をどこで確保するか、旅館の周りを散歩する時間をどうするかなど、いろいろ事前に検討したい場合があるものです。しかし、肝心の情報がHPに記載されていないので、不便です。
 もちろん、旅館に電話すれば、すぐに教えてくれます。だったら、それをサイト内(の目立つところ)に明示しておいてもいいのではないでしょうか。オーツは基本中の基本の情報だと思います。いちいち電話しないとわからないというのは、ネットが普及している時代にそぐわないものだと思います。HPには、きれいな大浴場の写真とか豪華な食事の写真が掲載されている場合がほとんどです。それはHPの閲覧者に対して宣伝効果があるでしょう。しかし、本当に必要な情報はそういうものではないのです。
 こういう感覚はオーツだけなのでしょうか。
posted by オーツ at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック