2016年10月06日

SUICA が普及してきて

 最近、いろいろな店で SUICA が使えるようになってきました。
 コンビニは基本的にどこの店でも使えるようです。カレーのCoCo壱番屋や牛丼のすき家、回転寿司のかっぱ寿司などでも使えるようになりました。スーパーなどでも使える店が増えつつあります。
 こうして SUICA で支払うくせが付いてくると、現金での支払いが面倒に感じられるようになってきました。いちいち金額を数えるのが面倒です。支払うときとおつりを受け取るときと2回数えます。また、コインの持ち歩きが重たくて野暮ったく感じられます。
 先日は、2泊3日の出張がありましたが、細かい買い物が全部 SUICA だけで済んでしまいました。おつりを1回も受け取らなかったのです。
 オーツはオートチャージの設定をしていますが、これが便利です。鉄道の改札口を通るとき、SUICA の残高が1万円を下回ると3千円がチャージされます。オーツ名義の銀行口座にあるお金がひゅっと SUICA に入るわけです。1万円を基準にしているということは、いつも電子マネー1万円を持ち歩いていることと同義です。鉄道を利用せずに数日間買物をしたりするときもあるので、1万円を基準にしておかないと残高がなくなってしまうかもしれません。ホントは2万円位を基準額にしてもいいのですが、SUICA は1万円が限度のようです。
 気のせいか、オーツの場合、ATM の利用頻度も下がってきた気がします。クレジットカードの利用も増えているのでしょう。いずれにせよ、現金を持ち歩く機会が減っているということです。
 こうなると、出かけるときには財布の中に SUICA を入れておくことが常識になってきます。
 今後は、お店に行くとき、SUICA が使える店と使えない店があると、使える店を選びがちになるという傾向が出てくるでしょう。多少価格が高くても、SUICA が使えることのメリットがあるという考え方です。SUICA が使える店が繁盛する傾向がはっきりしてくるかもしれません。こうして、SUICA の普及がさらに進むということになりそうです。
 ようやく日本もキャッシュレス社会になってきたようです。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック