2016年09月10日

能登旅行(3)多田屋に宿泊

 オーツたちが泊まったのは、七尾市の和倉温泉にある多田屋でした。
http://tadaya.net/
 夕日がきれいな宿でした。オーツたちが到着したころは、ちょうど日没の時刻に近く、玄関から建物までの通路から夕日がバッチリ見えました。
 この宿の風呂は、当然ながら温泉ですが、露天風呂がなかなかよかったです。岩で囲まれた露天風呂の他に、1人分の大きさの陶器の露天風呂があり、体を沈めると、お湯がざあっとあふれ出します。湯船に浸かって景色を眺めるのは気持ちがいいものです。海に面していますから、広々とした景色が楽しめます。内湯にはジェット・バスもありました。
 風呂の後は夕食です。夕食時には生ビールと日本酒を飲みました。生ビールは1杯 918 円、日本酒は、能登誉(純米吟醸)でしたが、1合で 1,296 円と、やや高い値付けでした。ま、おいしかったから「よし」としましょう。
 夕食メニューは「花遊膳」というもので、おしながきによれば以下のようなコースでした。
食前酒 自家製甘夏酒
先付け 夏野菜のテリーヌ
小鉢  能登もずく酢
温物  中島菜うどんの小田蒸し 鼈甲飴
八寸  胡桃柚餅子 中島菜焼き 河海老 青紅葉チーズ
      茶豆 鶏松風 海素麺
造里  能登の旬魚 地魚 間八 鯛 甘海老
      能登の甘口醤油で
焼物  目鯛朴葉包み焼き
一品  国産牛ステーキ
煮物  冬瓜寄せ餡掛け 焼き茄子
小鍋  海鮮いしる鍋
食事  能登こしひかり 赤出汁 香の物
水物  黒蜜ゼリー

 オーツたちが席に着いたときには、食前酒、先付け、小鉢、八寸がセットされていました。八寸の後ろ側に小さな金屏風が飾ってあるのが印象的でした。

noto5.JPG

 それからは、若い女性のお運びさんが料理を一つずつ丁寧に運んでくれて、それぞれの材料や食べ方などを説明してくれました。
 刺身もおいしかったし、牛肉のステーキもよかったしで、オーツは満足したのですが、妻はその直前においしいものを食べてきたからということもあって、割と普通だと言っていました。普通の食事が普通にできればそれでいいのではないでしょうか。

 朝は、再度露天風呂に入ったりしてゆっくりしました。
 朝食は和食のセットメニューでした。

noto6.JPG

 こういう食事が落ち着きます。ご飯がおいしく感じられます。寄せどうふやイカそうめんなどがおいしかったように思います。
 1泊2食付きで 19,224 円というのは、そんなものでしょう。
posted by オーツ at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック