2016年09月08日

能登旅行(1)花嫁のれん号

 数人で能登に旅行に行ったので、その話を何回かに分けて書いておきましょう。
 土曜日の朝、10:15 に金沢発の花嫁のれん1号に乗って、11:42 和倉温泉に行きました。
 金沢駅では、4番線というちょっとわかりにくいホームからの出発です。
 特急列車という扱いです。なかなか凝った列車になっていました。

noto1.JPG

 そして、出発ホームには「花嫁のれん」が飾ってありました。

noto2.JPG

オーツたちは、花嫁のれんがセットされるよりも先にホームに入ってしまったので、あやうくそれに気づかないところでした。
 花嫁のれん号は、座席がユニークです。JRの写真で見てみてください。
https://www.jr-odekake.net/navi/kankou/hanayomenoren/
 参考までに、オーツは2両編成の列車内を先頭から末尾まで見て回りました。いかにも観光列車仕立てになっていました。
 オーツたちは4人掛けの席でしたが、シート自体が豪華で、何とも優雅な気分でした。
 事前に予約しておくと、スイーツセットなどを楽しむことができますが、特に申し込まず、妻が金沢駅構内でちょっとした菓子などを買い込みましたので、それを食べることにしました。
 あ、それから車内の売店で地ビールなどが買えます。オーツは「百万石ビールこしひかり」というのを買いました。390 円でした。
 列車内には、女性のアテンダントがいて、ゴミの回収などの世話をしてくれます。こういうのもありがたいです。
 途中、羽咋(はくい)の駅で10分ほど停車します。ホームに降りて日付の入ったプラカードを持って記念撮影などができます。しかし、後で気がついたのですが、日付が1日違っていました。何ということでしょう! 記念が記念にならなくなってしまいました。
 羽咋の駅には、宇宙人を模した砂像などが置いてありました。
 花嫁のれん号は、金沢から和倉温泉まで全体で1時間半の乗車時間でしたが、乗ってみたら、あっという間でした。
posted by オーツ at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック