2016年08月29日

グアム旅行(15)グアム・プラザ・ホテル

 今回のグアム旅行では、オーツたちはグアム・プラザ・ホテルに4泊しました。
 安い割りにしっかりしたホテルだと思いました。1階にスーパーやコンビニが接続しているのもありがたいことです。コンビニでは、1.5 リットル入りのミネラル・ウォーターが2ドル40セントでした。オーツは、何回かこれを買って、部屋の冷蔵庫に入れておいて、小瓶に移し替えながら飲みました。
 とはいえ、4泊5日の間でいくつか小さなトラブルを経験しました。以下、メモしておきましょう。
(1) ハンドタオル
 オーツたちがホテルに到着して、チェックイン後に部屋に入ったら、ハンドタオルが濡れていました。まるで使ったあとみたいで、これは気分が悪いです。
(2) セイフティボックス
 オーツたちの部屋では、セイフティボックスの乾電池が切れていたため、電源が入らず、動作しませんでした。朝、フロントに電話して、電池が切れているので交換してほしいと伝えると、係の人が二人でやってきました。あれこれセイフティボックスをチェックしていましたが、結論として電池が切れているということになり(オーツがフロントにそう言ったわけですが)、新品の電池を持ってくるといって帰って行きました。5分ほど部屋で待っていましたが、やってきません。その日はすぐに出かける用事があり、出発時刻が決まっていたので、再度フロントに電話して、これから出かけるので、夕方までに電池を交換してほしいと伝えました。
 夕方、部屋に入室してみると、セイフティボックスの電池は補充されていませんでした。そこで、またフロントに電話して、部屋番号を伝え、電池を交換してほしいというと、今度は係の人が一人でやってきました。またセイフティボックスをあれこれ調べ回していましたが、結論として電池が切れているということになり(それはすでにわかっているでしょと突っ込みたいところでしたが)、帰って行きました。電池を持ってくるまで何分かかるか、心配でしたが、今度は数分で新しい電池を持ってきて、セイフティボックスがきちんと動作するようになりました。
(3) 足ふきマット
 2日目には、フロから出るときに使う足ふきマットがありませんでした。フロントに電話して持ってきてもらいましたが、困ったものです。こんなことは、客室係にとっては基本中の基本です。こういうレベルのサービスに対してチップ(枕銭)を置くのもおかしな話です。
 さて、電話をして数分後、係員がやってきました。ピンポーンという音が聞こえたので、オーツがドアを開けると、係員が、フロアマットだけでなく、バスタオルやらショートタオルやらのリネン類を抱えていました。全部1セットを持ってきたようです。当然ながら、オーツはフロアマットだけを受け取りました。
 こちらの(英語による)説明が悪かったのかもしれませんが、コミュニケーションというのはなかなかむずかしいものです。
(4) 部屋のにおい
 3日目、夜にホテルに帰って来たとき、息子たちの部屋が焦げ臭いことに気がつきました。オーツはほとんど感じなかったのですが、息子の鼻は敏感です。トイレを使ってみると、かなりトイレの中がにおったとのことです。タバコのニオイのようです。息子家族は誰もたばこを吸わないので、これは客室係がトイレでたばこを吸ったに違いありません。さっそく妻がフロントに電話しました。
 ただし、翌日午後、ベッドメイキングがされていない(客室係が入室していない)状態で、やはり焦げ臭いにおいがしたという話ですから、客室係がたばこを吸ったというのは違うかもしれません。
(5) テレビ
 オーツたちの部屋のテレビがうまく写りませんでした。写るときは NHK などが見られるのですが、機嫌が悪いと、チャンネルが変えられません。初めはリモコンの電池が切れているのかなと思いましたが、テレビ本体の上に付いている「channel」ボタンを押してもチャンネルが変わらなかったので、別の原因で故障しているのかもしれません。

 このホテルは経済的なホテルで、インテリアなどもちゃんとしていて、いいホテルだと思いましたが、実際に滞在してみると、何かと小さなトラブルが経験できるホテルということになります。こういうトラブルを気にしないか、旅の中のいい経験だと思う人はこのホテルに泊まるといいと思います。がまんできない人は、このホテルに泊まることはオススメできません。
 オーツは、海外のホテルでさまざまなトラブルを経験しましたので、このくらいで泊まりたくなくなるということはありません。しかし、日本並みのサービスを期待している人だと、ちょっとどうかと感じるでしょう。旅行者としては、当たり前に思えることが実現できないもどかしさのようなことを感じるかもしれません。しかし、海外のホテルはそういうものだと思えば、いちいち文句を言うほどのことではないのかもしれません。
 オーツとしては、3歳や5歳の小さな子どもがいるときに、ベッドで飛び跳ねたりするときに周りの(特に下の)部屋から苦情が出ないかとひやひやしていましたが、今回は大した問題にはなりませんでした。

参考記事:
http://hotels.his-j.com/HotelDetail/GUM00066.aspx
https://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g60677-d310880-Reviews-Guam_Plaza_Hotel-Tamuning_Guam.html
http://4travel.jp/os_hotel_each-10122963.html
http://guam-bu.com/guamplaza-hotel/
http://xn--x8j3cxc6c3ta.com/archives/3610.html
posted by オーツ at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック