2016年08月27日

グアム旅行(13)居酒屋・どうらく

 オーツたちは、ホテルのプールで遊んだあと、夕食を居酒屋・どうらくで食べることにしました。
http://4travel.jp/overseas/area/oceania_micronesia/guam/guam/restaurant/10315006/
http://guam1.net/resutaurant/washokudouraku.html
グアム・プラザ・ホテルから6人で歩いて行きました。子どもがいたので、かなり時間がかかり、約30分のお散歩となりました。子供たちが道ばたに落ちている豆類のフサ(まあゴミですが)を拾ったりして「新発見」をしながら、ぶらぶら歩いて行きました。
 遠くから背の高い建物が見えました。ピア・リゾート・ホテルです。それを目指して歩きました。
 このホテルは、グアムのメインストリートからかなり離れていますので、その中にある居酒屋では、客もあまりいないかと思っていたら、そうでもなく、繁盛している店でした。
 この店は日本式の居酒屋です。ビールは、バドワイザー、バドライト、ミラーが4ドルで、アサヒスーパードライが10ドルという値付けでした。4ドルのビールはそれぞれ小瓶で 350cc 入りでした。アサヒがどういう形で出てくるかは、注文しなかったので、わかりません。2倍半の「格差」は相当なものです。オーツは、以前飲んだことがあるバドワイザーを選びました。
 壁に貼ってあったメニューから注文したコロッケと餃子がおいしかったですねえ。牛丼も行けます。牛丼には生卵が付いてきました。それを容器の中に割り入れると、色が黄色でなく、黄緑色をしていました。グアムではこんな色の卵を食べているのでしょうか。

guam12.JPG

 刺身も本格的で、十分楽しめました。日本で食べるよりもちょっと高いですが、満足感があります。
 食事中に3歳の孫が眠ってしまったため、(プールでたっぷり遊んで疲れたんでしょう)ホテルまでの帰りはタクシーを利用することにしました。お店を通じてタクシーを頼みました。オーツたちは6人なので、タクシー2台を頼んだのですが、1台しか用意できないとのこと。しかたがないので、6人で1台を利用することにしました。定員を超えて乗車するのは問題だとは思いますが、背に腹は代えられないということです。オーツは助手席に座りましたが、ついクルマの左側から乗ろうとしてしまいました。グアムは右側通行なので、左ハンドルなのでした。
 ホテルまではあっという間でした。歩ける距離ですから当然ですが。
 タクシーには料金メーターが付いておらず、いくら請求されるのか、ちょっと心配しました。ホテルに到着後、料金は4ドルだといわれました。安い! オーツはチップを含め5ドルを渡しました。たぶん、迎車料金も含まれているはずですが、それでこの値段ならば、グアムでもっとタクシーを利用するべきだったと思いました。まあ、歩きながらあれこれ眺めることも貴重な経験ではあるのですが。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック