2016年08月22日

グアム旅行(8)ミクロネシア・ショッピングモール

 グアム旅行の3日目には、オーツたちはバスに乗ってミクロネシア・ショッピングモールに行きました。
http://www.micronesiamall.jp/
バスは、ホテル街とショッピングモールを結んで10分間隔で走っています。LEALEA バス(レアレアバス)というものに乗ります。旅行会社経由でグアム滞在中このバスに乗り放題のチケットをもらいました。それを有効活用しました。このバスは観光客向けのようで、他の客は乗り込んできませんでした。路線から考えれば観光客以外は利用しようにも利用しにくいものでしょう。グアムでは赤いシャトルバスが有名ですが、それは別会社のものでした。
 ショッピングモールは、あまり観光地らしくないのですが、少しはグアムの人たちの日常生活に近いところが見られるかと思ったのでした。結果的には、さほどでもないようです。ショッピングモールには宝石店などもあり、ある程度のお金の余裕がある人でないととても来られないような場所でした。もう少し、庶民的なところに行かないと、グアムの日常生活はのぞけないと思います。
 ショッピングモールは2階建てでかなり広いところでした。そこで、入ったところにあるインフォメーションコーナーで子供を2人乗せられるカートを借りることにしました。結果的にこのカートが子供たちのお気に入りになり、帰るときまで2人がずっとこれに乗ってくれました。

guam7.JPG

 小さな子供がちょこまかすると、大人が気をつけなければならず、疲れてしまうのです。子供がショッピングカートに乗っていれば、勝手にどこかに行くことはなく、しかもカートのままそれぞれの店内まで入れるということで、とても便利なものでした。
 ショッピングモール内にはおもちゃ屋さんもあり、子供には大人気でした。オーツは、何か一つくらいおもちゃを買ってあげようと思いましたが、3歳の孫は「輪ゴム」がいいといいました。3ドルくらいの赤と緑の輪ゴムが箱にたくさん入っていました。(結果的には買わないことになったのですが。)
 13:30-14:30 には、中央のステージ(センターコート)を利用して、ダンスチームのパフォーマンスがありました。アメリカの全部の州からチームが集まるフロリダの大会で入賞したとかいうことで、賞状やトロフィー類を並べて示していました。小さな子供(5歳くらい)から大人までの大きなチームで、数人ずつのチームに分かれ、次々交代しつつダンスを披露していました。小さい子供でもとてもダンスが上手で、体つきがほっそりしていて、きちんと化粧していて、いかにもプロを目指している感じでした。あまり小さい子供がぴしっと決めるダンスをするのを見ると、オーツなどは痛ましい感じがしてしまいました。自分の意思というよりも、そうさせるように仕向ける親の意思が感じられるからでしょう。
 ショッピングモールには映画館も入っていました。英語の映画ですから、子供には見るのは無理だと思います。
 モール内に遊園地「ファンタスティックパーク」もありました。孫がメリーゴーラウンドに乗りたいと言い出しました。乗せてあげてもよかったのですが、値段を聞いてちょっと驚きました。一人4ドルです。しかも、6歳未満の子どもには付き添いの大人が必要になり、4人で乗るとすると16ドルもかかってしまうわけです。小さなメリーゴーラウンドで、大したサイズでもないのに、これは高いと思います。日本で、たとえば荒川遊園のメリーゴーラウンドならば、1/4の金額で済んでしまいます。ここで乗ってももったいない気分でした。遊園地にはコースターなどもありましたが、身長制限があり、ある程度大きくならないと乗れません。というわけで、結果的に孫たちは遊園地でほとんど遊べませんでした。
 もう一つ、有料キッズスペース「ロリポップ」というのもありました。1時間7ドルとかいうことで、幼児にはぴったりのスペースです。ここも選択肢の一つとして考えていたわけですが、受付でたずねてみると、靴下をはいていないと利用できないとのことです。孫二人は靴下なしで来てしまったのでした。わざわざそのために別の店で靴下を(2人分だから2足)買うというのもめんどうなので、これもスキップしてしまいました。
 というわけで、あまりお金を使わずに、モールの中を1日中ブラブラしてしまいました。
 とある店で、店員さんがオーツに日本語で話しかけてきました。小さい子供を見て「ナニドシですか」とたずねてきました。年齢を聞いたのだと思って「5歳と3歳です」と答えましたが、日本語としてはおかしいわけで、オーツは気になりました。そこで、「ナニドシ」では干支(えと)を聞いていることになり、十二支の一つを答えることになること、年齢を聞くときには「ナンサイ」と聞くといいことなどを説明しました。しかし、オーツの英語でわかってくれたのでしょうか。十二支なんて、その場でいきなり説明するにはかなりむずかしいと思いました。
 ショッピングモールでは、妻と嫁が(子供をオーツと息子に任せて)いろいろと買物を楽しんだようです。
posted by オーツ at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441242997
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック