2016年08月18日

グアム旅行(4)PIC

 2日目は PIC (Pacific Islands Club) という大きなウォーターパークに行きました。
http://www.picresorts.jp/pic_guam/play/
ここで丸1日遊びました。この日は土曜日でしたが、土曜日といっても、東京(近辺)の観光地のように人がいっぱいということもありません。夏休み期間中でも適度な入場者数です。まあ、こんなところで遊ぶのは外国人観光客ばかりで、現地の人はまず来ないでしょうからねえ。
 施設内にはたくさんのプールがあり、大人から子どもまでみんなで遊べるところでした。
 子供用のプールには、いくつかの遊具がありました。孫たちは、それで大いに遊びました。

guam3.JPG

 プールはシーサイドに作られていますので、簡単に海岸の砂浜に出ることもできます。海岸ではカヌーやらウィンドサーフィンやらが楽しめます。孫たちは海で泳ごうとしましたが、砂粒がサンダルの中に入って痛いということで、あまり好感触は持たなかったようです。それよりはプールがお気に入りでした。
 オーツは、柔らかい白いボード(クッション)に乗ってスライダーを滑り降りてみました。すごいスピードが出て、迫力満点でした。乗り口には、前の人が滑り降りてから20秒たってから滑るように注意書きがありました。
 また、カヤックにも乗ってみました。自分でこぐ一人乗りのカヌーです。しかし、方向転換がうまくできず、数メートルも行かないうちにプールにドボンという有様でした。いやはや、いやはや。カメラを持たなくてよかったです。
 PIC の施設内の掲示を見ると、英語、日本語の他に、ハングル、中国語、そしてロシア語で書いてありました。たまに流されるアナウンスでも5言語対応でした。
 施設内で、利用者の間で飛び交っている言葉を聞いていると、日本人が多く、次に韓国人が多いようでした。多くのグループが子供連れで来ていました。
 オーツたちは、朝9時から夕方5時までここで過ごしました。ランチもセットされているのです。タオルも無料で貸し出してくれます。水着だけ持ってくれば1日過ごせます。
 子連れで1日遊べる施設という意味では、グアムの中の観光スポットとして優れたものといえるでしょう。ただし、プールサイドに並んだデッキチェアなどを見ると、落ち葉などがのっていたりして、掃除が行き届いていない印象がありました。落ち葉は、雨に流されてチェアの一番低い部分(おしりがあたる部分)に集まっている状態でしたから、少なくとも数日間以上放置されていたと思います。こういうあたりがきちんとしていると、いよいよ評価が上がりそうです。「神は細部に宿る」というものです。
posted by オーツ at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック