2016年08月06日

メガネの鼻パッドを交換する

 オーツが普段使っているメガネの鼻パッドは、もともと透明だったはずですが、しばらく使っていたために、白濁してきて、今やかなり白っぽくなっています。黒い汚れも付いています。交換が必要だと思いました。
 それに、よく見ると、鼻パッドとメガネの連絡部分の金属が曲がっており、そのためにメガネをかけると、やや位置が右側にずれているのでした。どこでメガネをぶつけたか、何かがぶつかってきたのか、あるいは間違って踏んでしまったか、覚えがありませんが、これは修理する必要があると思いました。
 オーツは、自宅近くのメガネ屋さんに行きました。このメガネを買った店です。
 お店の人に上記の2点を説明すると、鼻パッドはすぐにでも交換できるけれども、このメガネは古いので、金属部分を曲げると、もしかするとそこがポキリと折れてしまうことが考えられ、その場合はフレームを新たに買い直すことになるといわれました。
 ちょっとゆがんだままメガネを使うことは気になることだったので、いざというときはフレームを買うことにして、2点の修理を依頼しました。
 数分後、金属部分のゆがみを直し、鼻パッドを新品に交換したメガネが運ばれてきました。
 やれやれ。フレームを買わずに済んだので、安上がりな修理になりました。修理代金は、648 円でした。
 かけてみると、心なしか、以前よりクッキリと世界が見えるような気分になりました。メガネがきちんと本来の位置にかけられるようになったからでしょうか。それもと、専門家がレンズをきれいに拭いてくれたからでしょうか。
ラベル:鼻パッド メガネ
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック