2016年08月01日

パラシュートなしのスカイダイビング 米で成功

 オーツが驚いたニュースです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160731/k10010615921000.html
(7月31日 17時16分)
この記事には動画が付いています。
 7,600 メートルの上空から、パラシュートなしで飛行機から飛び出し、地上に設置されたネットに着地したとのことです。いやはや、すごい話です。
 地上の狭いネットをはるかな上空から識別して、そこを目指して落下方向を調整するテクニックが必要です。ネットが見えたにしても、自分が落下していく方向とのずれを認知するのはかなりむずかしそうです。
 失敗すれば即死ですからねえ。
 オーツが気になったのは、この挑戦に関する費用のことです。地上数十メートルに30メートル四方のネットを張るだけで、相当な費用がかかりそうです。そこにネットがあることをスカイダイバーに知らせるためには、それなりの塗装もしなければなりません。それにも費用がかかります。飛行機の用意、補助者、撮影者などなどもコストがかかります。合計で考えると、実はかなりの金額をつぎ込まないと実現できないものだろうと思われます。いったいいくらくらいかかったのでしょうか。そしてそれは誰が払ったのでしょうか。
posted by オーツ at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック