2016年07月23日

一風@下高井戸で飲む

 下高井戸にある一風は「無国籍料理」の店です。「多国籍料理」といってもいいかもしれません。
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13035003/
http://r.gnavi.co.jp/gc22400/
 そんなところに3人で行ってみました。
 オーツが飲んだものは、ギネス(黒)760 円、ウィスキー(シーバスリーガル)800 円、純米酒・田酒 1,000 円でした。他の二人は、エビス(生)650 円、あんず酒 530 円、キール 780 円、りんご酒 530 円を飲みました。
 キールというカクテルは、オーツは知りませんでした。白ワインベースのカクテルなんですね。
 食べたものは、お通し(エビフライ3匹)×3、マグロホホステーキ バター風味 860 円、貝たちいろいろワイン蒸し 1,280 円、小籠包(4個) 650 円、ベトナム風生春巻き 880 円、ウニ・ホタテ クリームパスタ 1,280 円、シーフードピザ 1,080 円でした。
 ここまでの合計額は、11,080 円です。最後に会計したときは、13,310 円でしたので、差額は 2,230 円になります。あんず酒とりんご酒に炭酸を入れたので、これが(2杯で)100 円とすれば、お通しが一人あたり 710 円となります。
 最初に出てきたお通しのエビフライ、1人分が3匹でしたが、揚げたてでおいしかったです。
 お通し以外の食べたものは3人でシェアして食べましたが、ウニ・ホタテ クリームパスタがとびきりおいしく感じました。スパゲッティにクリーミーなソースがからんで濃厚な味わいがしました。生春巻きはナンプラーと梅味のたれの2種類が出てきて、いずれもいけました。他のもちゃんとおいしく食べられました。
 メニューには、かなり変わった料理が並んでおり、黒板にはさらに別のメニューもあり、相当なバラエティがあります。多国籍料理というコンセプトはおもしろいと思いました。
 オーツたちがお店にいたのは2時間ほどでしたが、大いに満足して帰宅の途につきました。
 一風は、普段ランチで行く店ですが、
2016.3.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/434872788.html
夕方に飲みに行くのもおもしろいと思います。
ラベル:一風 下高井戸
posted by オーツ at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック