2016年07月10日

桜上水の踏切の問題点

 オーツは、桜上水の駅のそばにある踏切を利用することが多くあります。クルマで渡るときもありますし、徒歩で渡ることもあります。ここは、しばしば開かずの踏切になります。
2015.3.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/415684019.html
2011.6.21 http://o-tsu.seesaa.net/article/210970022.html
2010.6.30 http://o-tsu.seesaa.net/article/154902995.html
 この踏切は、将来は立体化されるという話ですが、10年くらいはかかるでしょう、たぶん。そのころにはオーツは仕事を辞めていて桜上水には通っていない可能性が高いです。
 さて、この踏切で最近何回か経験していることですが、電車が通過しても遮断機が上がらず、警報器が鳴り続けます。そのまま待っていると、電車が通るわけでもないのに、突然警報器が止み、遮断機が上がるのです。そういう場合、数秒するとまた警報器が点滅し、遮断機が下ります。
 明らかに不調です。
 こういうのが続くと、事故が心配になります。
 そのうち、遮断機が閉まっていても、それを無視して踏切を渡る人が出てくるのではないでしょうか。
 遮断機は、いつも点検して、正しく動作してほしいものです。
posted by オーツ at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック