2016年04月17日

福しん@江古田南口で店員が注文品を間違える

 オーツが江古田でタンメンを食べに通っている店が「福しん」です。
2016.3.28 福しん@江古田南口でランチに大盛のタンメンを食べる
http://o-tsu.seesaa.net/article/435765457.html
2015.3.11 福しん@江古田南口で野菜タンメンを食べる
http://o-tsu.seesaa.net/article/415407461.html
 先日も、タンメンを食べに行きました。サービスチケットを出し、「タンメン大盛り」を注文しました。
 店員さんが以前と変わっていて、外国人(中国人?)の男性でした。
 待つことしばし。今回はちょっと時間がかかるようです。お客さんが次々に入ってきます。厨房内も大変なのでしょう、たぶん。
 カウンターの上に、注文票が置いてあります。風で飛ばされないように重しが載せてあります。
 ふと、隣のおじさん(オーツよりも先に入っていました)の注文票を見ると、オーツと同じく「タンメン」と書かれていました。福しんではタンメンファンが多そうです。
 かなり待ったあと、店員さんが「タンメン大盛りおまちどおさま」といいながら隣のおじさんに注文品を出しました。すると、おじさんは「味玉が入っていないよ!」といいました。サービスチケットでは味玉をサービスしてもらうこともできます。このおじさんはたぶんそういう注文をしたのでしょう。
 次に、オーツのところに注文品が運ばれました。「タンメン、味玉付きです。」ということでしたので、オーツは「私は大盛りを頼んだのだけれど」といいました。普通盛りに味玉が付いていたのです。
 店員さんは「まずは普通盛りを食べていてください。あとで大盛り分を持ってきます」といいました。
 考えてみると、店員さんはオーツの注文と隣のおじさんの注文を取り違えたようです。隣のおじさんは「タンメン普通盛り+味玉」、オーツは「タンメン大盛り」だったのに、逆に出してしまったのでした。
 それから少しして、隣のおじさんのところには小さな容器に入った味玉が届けられました。また、オーツには、小さな丼に茹でた麺が入ったものが届きました。これでメデタシ、メデタシになりました。
 考えてみると、注文品を間違えたために、二人が「タンメン大盛り+味玉」を食べた形になります。結果的に、大サービスだったことになります。
 最後に会計するとき、店員さんから「間違えて済みませんでした」といわれました。オーツは「いえいえ、たくさん食べられてありがたかったです」と言おうと思ったのですが、止めておきました。
 ちょっと得をしたので、いい気分で自宅に帰りました。やや食べ過ぎの傾向ではありましたが(笑)。
 あ、体重が気になるなあ。(←そんなことなら大盛りなんか食べなければいいのに!)
posted by オーツ at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック