2016年03月18日

お志ど里@江古田南口でランチ

 オーツは、江古田南口にあるお志ど里で何回かランチを食べてみました。食べたメニューはそれぞれ別でした。
○いか里芋定食 750 円
 よく煮込んでありました。里芋はほくほくでおいしいです。イカにも味がしみていました。しかし、イカはちょっと固くなってしまっていました。イカをよく煮込めば固くなるのは当然で、たぶん時間をかけて煮てあったのだろうと思います。
 ともかく、おいしかったです。再度食べてもよいと思いました。
○肉じゃが定食 770 円
 こちらもよく煮込んでありました。ジャガイモは、そのままサイズのが2個深皿に入っていました。箸で切り分けようとするとジャガイモが少し崩れます。よく煮てある証拠です。豚のバラ肉もおいしかったし、タマネギ、しらたきも味がしみていてよかったです。インゲンは2本だけでしたが、これはごく普通でした。
 煮汁まで飲んでしまいましたが、オーツが自宅で作るものより薄味でした。このくらいの薄味でいいのかもしれません。
 最近は、糖質を控えめにしているので、ジャガイモはあまり好ましくありません。それさえなければ、オーツの食べる定番メニューになりそうです。こちらも気に入りました。
○いくら丼 1,000 円
 大きな丼に大盛のご飯、それに海苔の細切りがのり、その上にこれでもかというくらいにいくらがのっています。あとは味噌汁と漬け物が付きます。
 まさにいくら丼であり、いくら大好き人間なら幸せいっぱいでしょう。オーツは、必ずしもいくらが大好きというわけではありません。通風も経験しましたから、いくらなどは通風によくない食べ物ということで避けるべきものともいえます。
 食べてみると、ちょっと塩分が足らないような感じです。オーツはテーブルの上にあったしょうゆを少しかけました。これで味はちょうどよくなった感じです。あとわさびでもあればいいのですが、そこまでは期待できません。
 ともかく完食しましたが、もうけっこうという感じになりました。とにかく、いくら、いくら、食べても食べてもいくら、いくらなのです。
 たぶん、オーツは二度と食べることはないでしょう。

 今までお志ど里に関して書いたブログ記事は以下のようなものです。
2016.3.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/434800612.html
2016.2.22 http://o-tsu.seesaa.net/article/434111629.html
2012.10.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/296558172.html
2010.3.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/144862044.html
2008.4.12 http://o-tsu.seesaa.net/article/93074326.html
posted by オーツ at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック