2016年02月26日

値上がり始める

 オーツがネット内の記事を読んでいたら「値上がり始める」という複合動詞が使われていることに気がつきました。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46125?page=5
電気料金の値上げに関する記事(有井太郎氏の執筆)ですが、引用しておきます。
アメリカでは1990年代から2000年代にかけて州ごとに自由化へと踏み切りましたが、こちらも州によって値上がり始めています。
 イギリスもアメリカも最初はさまざまな企業が参入したものの、価格競争になるとどうしても大きな発電システムを持っている会社が強く、淘汰が起きたのです。その結果、寡占が進み、次第に値上がり始めたという流れです。

 2回現れていますから、ミスプリや勘違いではありません。
 なぜこの言い方がおかしいかというと、「値上がり」は動詞でなく名詞化しているからです。
 「歩き始める」や「食べ始める」のように、「始める」は動詞の連用形に後続します。一方「値上がり」は、語源的には「値+上がる」ですが、「値上がり」で名詞になっています。これが動詞であれば「値上がる」という終止形があることになり、「値上がらない」「値上がって」などもあるはずですが、そんな言い方は耳にしません。
 「値が上がり始める」ならば問題はありません。
 「値上がり」と「上がり始める」(両方ともに正しい日本語表現)が混交(contaminate)してしまったように思います。

 さて、どれくらい使われているか、Yahoo! JAPAN で検索してみましょう。
 "値上がり始める" 621 件、"値上がり始めて" 1,450 件、"値上がり始めた" 98 件という結果になりました。何と、合わせて 2,000 件以上の用例が見つかります。こんなにもたくさんあるということは、この言い方がかなり市民権を得ているといえます。

 ちなみに、"値上がる" 176,000 件、"値上がって" 150,000 件、"値上がった" 127,000 件になります。"値上がらない" 17,800 件や "値上がらなければ" 34 件もあります。
 この中には、"経験値上がった"や"偏差値上がった"、"血糖値上がった"のような例もかなりあるので、全部の用例が「値上がる」そのものではないとしても、かなりたくさんあるようです。「値上がる」という動詞がこんなにたくさん使われるなら、「値上がり始める」も当たり前の言い方として受け入れられているのでしょう。

 「値上がり始める」という言い方は、オーツには受け入れられませんが、こんなことを思うのは、オーツが歳をとったからでしょうか。老人の繰り言になっているのかもしれません。
posted by オーツ at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック