2016年02月25日

寝ているオーツの体の上にネコが乗る

 オーツは、飼っているネコとべったりするのが好きではありません。だから、寝室内にはネコを入れないようにしています。ネコはイヌと違ってべったりしません。人間と適度な距離を取ることを好むようです。
 さて、先日、夕食時に若干酒を飲んだこともあり、オーツは和室のホットカーペットの上で寝込んでしまいました。妻が毛布を掛けてくれたようで、結局、朝まで寝てしまいました。
 朝になったころの話ですが、ネコがオーツの上に乗ってきました。ネコの体重は 4kg くらいでしょうか。ところが、これがずっしりと重いのです。
 最初、ネコは寝ているオーツの膀胱の上くらいにうずくまりました。とたんにおしっこが出たくなりました。
 オーツがどうしようかと思っていると、ネコはちょっと移動して、オーツの腹の上あたりに来ました。すると、呼吸がしにくくなるような気がしました。たった 4kg でも重いものです。
 オーツはふだんから毛布1枚で寝ているわけで、掛け布団は一切使いません。それと比べると、ネコ1匹は掛け布団よりもさらに重いという感じです。
 ネコの体重はネコの足を通してかかってきますから、からだ全体で受け止める掛け布団よりも、1点集中型のネコの体重のほうがずっしり来るのです。
 結局、オーツは寝ているわけにはいかず、ネコに起こされた形になりました。
 毎朝、オーツがネコにエサをやっているので、ネコはそれを意識してオーツを起こそうとしたのかもしれません。
ラベル:ネコ 体重
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック