2016年02月24日

ノラリクラリ@江古田北口でランチ

 オーツが江古田北口を通りかかると、ノラリクラリという名前のカフェがありました。
http://www.ultrastyle.jp/norari-kurari-cg/
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13168089/ 
 オーツは、滅多にカフェに立ち寄ることはないのですが、店先に出ていた看板に魚のランチ(さわらの南蛮とご飯)があることに気がつきました。さっそく食べてみることにしました。
 お店に入ると、先にレジで注文し、お金を払います。ランチはメニューが数種類に限られるようです。しかし、魚のランチがあるのですから、それで十分です。
 ランチにはドリンクが付いているとのことで、オーツはアイスコーヒーを選びました。寒い時期でもホットよりアイスのほうがオーツの好みです。
 ノラリクラリは、喫煙席が1階、禁煙席が2階ということで、完全分煙です。これはいい考え方です。オーツは2階にあがりました。まもなく若い女性客が二人あがってきました。武蔵野音大の学生さんでしょうか。禁煙席は女性の比率が高そうです、オーツの勝手な推測ですが。
 1階の椅子は(カウンターも含めて)快適そうなのですが、2階の椅子は白くて安っぽい、海辺やプールサイドで使うようなプラスチックの椅子です。おしりの部分に直径 1cm くらいの穴が数個空いています。プールの水や海水がここから落ちるようになっています。こういう固い椅子を使うのは客を長時間ゆっくりさせないためでしょうか。座っていても、椅子の固さがおしりに伝わってきて、座り心地はイマイチです。1階の椅子が2階にもあったら、ずっと快適になると思うのですが、……。
 テーブルも、ベニヤ板を使った安物です。まあコスト削減もいいでしょう。こういうことはオーツは気にしない主義です。といいつつも、このブログ記事で書いていますが(笑)。
 料理が出てくるまで、待つことしばし。けっこう時間がかかります。手持ちぶさたなので、置いてある本などを読みながら待っていました。やがて、料理が出てきました。ちょっと時間がかかりすぎでしょう。
 ワンプレートに、ご飯、サラダ、さわらの南蛮が三つ、それに小さなパンに甘い汁をかけたもの(何というのでしょうか。オーツは知りません)がのっていました。ご飯には細切りの海苔がかかっていました。
 さわらがおいしかったです。期待をはるかに超えるおいしさでした。南蛮漬けってこんなにもおいしかったのでしょうか。900 円とは安い! と思えるほどでした。ご飯のおかずにぴったりでした。
 とはいえ、ワンプレートで、ご飯とさわらが同じ皿にのっているので、南蛮漬けの汁がしみ出て、ご飯の下の方に入り込んでしまいます。境界のところにちょっと盛り上がりがあれば流れ込みがストップできたのに、残念です。サラダ、パンとの境界には盛り上がりがあるのです。汁が出るものを他のものと分離させる意味で盛り上がりがあるのではないでしょうか。
 オーツがおいしく食べていると、アイスコーヒーが出てきました。けっこうたっぷりの量でした。
 この店はマイナスの点とプラスの点がありました。
 オーツとしては、マイナスの点を考慮して、普段の行きつけの店にはしないつもりです。味噌汁と漬け物が出てくるほう(つまり和食)が好みです。しかし、洋食の魚が食べたいときは、選択肢の一つになるかもしれません。違うメニューのときを見計らって、また訪問したいと思いました。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック