2015年12月27日

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015)

 オーツは、スター・ウォーズ/フォースの覚醒を映画館で見ました。IMAX 3D 方式による上映でした。めがねをかけて見る方式ですが、自然な3Dだと感じました。
 オーツは、スター・ウォーズシリーズは第2作のエピソード5「帝国の逆襲」からリアルタイムで見てきました。熱心なファンではありませんが、それなりに好きなシリーズです。そのようなオーツの目で見て、今回のエピソード7は、おもしろいと思いました。
 何がおもしろいかといって、一番はエピソード4〜6につながっているところでしょう。ハン・ソロやレイア・オーガナが出てきます。エピソード4〜6が作られたころから考えると、実年齢で30年以上経っているので、俳優たちにもそれなりに貫禄が付いています。それだけでも感動ものです。ミレニアム・ファルコンも、エピソード4〜6のように画面の中を飛び回ります。Xウィングや TIE ファイターも活躍します。いかにもスター・ウォーズの世界です。
 エピソード4「新たなる希望」と、今回のフォースの覚醒はストーリーの点で似ている面があります。とはいえ、一応は別の話ですし、むしろ関連があった方がオールドファンにも受けがよく、これでいいのではないでしょうか。
 オーツは、早くエピソード8が見たくなりました。次はルークが(ある程度)活躍するのでしょうね。そして、最後の最後のエピソード9はどうなるのでしょうか。
 2時間半は長いです。途中で目が疲れて、涙が出てきました。
posted by オーツ at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック