2015年12月20日

三上と川上

 ある人がオーツ宛ての電話を受けて、オーツの机の上に手書きのメモを残してくれました。川上さんに電話してください、というような内容でした。
 翌日、その人と直接会って話をしたとき、その人がオーツに「昨日メモを置いておきましたが、三上さんに電話しましたか」と聞きました。「三上さんではなくて、川上さんですね。」といったら、3本線が縦か横かのちがいですねといわれて、気がつきました。確かに漢字の形がそっくりです。
 その人は、メモを書いたので、3本線というのが印象に残っていたのでしょう。1拍目の「み」は3拍目の「み」と同じで、全体として何となく「三上」(みかみ)という音が「川上」(かわかみ)と似ていることも影響しているように思います。
 こんな連想が働くというところが新鮮な驚きでした。
ラベル:漢字
posted by オーツ at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック