2015年12月10日

玄品ふぐ 練馬の関(3回目)

 以前にも、行った店ですが、
2012.12.27 http://o-tsu.seesaa.net/article/310102514.html
12月になったので、またみんなで玄品ふぐ 練馬の関に行くことにしました。
 今回は、大人5人分で天楽コース
http://www.tettiri.com/shina/course.html
を注文しました。コース内容は全7品で、
・ 湯引き
・ てっさ または ぶつ刺し
・ 唐揚げ
・ 焼きふぐ
・ てっちり
・ 雑炊
・ デザート
がセットになっていました。6,100 円(税込 6,588 円)ということで、まあこんなものでしょう。
 飲み物は、生ビールが 600 円で、以前と同じでしたが、ひれ酒が 830 円、つぎ酒が 530 円と、前回よりは少し値上げになっていました。
 オーツが心配したことは、小さな子供にふぐが食べられるかということでした。
 3人の孫の年齢は、5歳、2歳、1歳ですが、2歳と1歳の二人はまもなく誕生日ですので、約3歳と約2歳に該当します。
 さて、小さな子供にふぐ料理は大丈夫でしょうか。結論から言うと、大丈夫でした。嫁がおせんべいなどを持参して、少しごまかす部分もあったのですが、早めにご飯(茶碗1杯分)を3個注文し、てっさやふぐの唐揚げなどと一緒にご飯を食べると、小さな子供でもそれなりにおなかがふくれるようで、問題はなかったと思います。大人の分を少し分けてあげる程度で十分でした。ただし、ふぐは骨が多いので、それをより分けるのに手間がかかったようです。
 オーツとしては、孫がそれなりに食べられたことで、安心しました。
 終わりが近づいて、雑炊が出てきたころなどは、孫たちは席で遊び始める始末で、雑炊はあまり食べなかったように思います。それまでに食べた分で十分だったということでしょう。
 デザートはシャーベットでしたから、子供たちに評判がよかったです。
 店を出てから、店先の路上で「カゴメ、カゴメ」などをして遊びました。周りから見たら変な人たちに見えたことでしょう。いや、小さな子供がいるグループだったから、当然視されたですかね。
2016.12.17 追記
 再度、この店に行きました。
 そのときのことを
http://o-tsu.seesaa.net/article/444958563.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック