2015年09月22日

Cratos Premium Hotel@北キプロス(1)ホテルに到着

 オーツは、北キプロスにある Cratos Premium Hotel
http://www.cratospremium.com/
に6泊しました。
 カジノも付いていて、ゴージャスな感じのリゾートホテルでした。ホテルの前にはロールスロイスが置いてありました。

Cratos1.JPG

このクルマはどう使うのでしょうか。VIP の送迎などを行うのでしょうか。このロールスロイス、ナンバープレートが「Cratos」となっており、公道は走れないのかもしれません。単なる飾りではないかと思います。
 ホテル到着時には、ポーターがスーツケースを部屋まで運んでくれました。そこで、オーツはチップを渡そうと考えたのですが、細かい金額のお金(トルコリラ)を用意しておらず、ポーターに渡せませんでした。感謝の言葉を伝え、小銭がないのでというと、全然不要ですということで、ポーターがチップを要求するそぶりはありませんでした。従業員教育が徹底されていると思います。
 ホテルに到着した日からランチがセットされていました。で、さっそくランチのときにビールを2杯飲んだのですが(飲み放題なのです)、その午後、眠くなってしまいました。30分ほど寝ようと思い、アラームをセットしてベッドに入ったのですが、実際は、4時間ほど眠ってしまいました。後で見ると、オーツがアラームのセットを間違えたのでした。目が覚めてびっくりしました。午後とはいえ、日本との時差(6時間遅い)があるので、午睡した時間帯は、オーツが普通に日本で寝ている時間帯だったのでした。
 4時間ほど寝てからレストランに出かけて夕食となりました。再度ビールとワインを楽しみました。なかなかいい雰囲気のレストランでした。
 夕食を食べると、また睡眠時間ですが、今度はなかなか寝付けません。もう4時間も寝たことになるので、目はぱっちりでした。
 朝になって、オーツは枕銭を置いておいたほうがいいかどうか、迷いました。チップと同様に、ヨーロッパでは普通枕銭を置くと思います。小銭がなかったので、近所のスーパー Lemar でガムを買って、紙幣を崩しました。そして、1トルコリラのコインを枕の下に置いてみました。ベッドメイキングが済んだ後にオーツが部屋に入ってみたところ、ベッドサイドのテーブルの上に1トルコリラのコインが置いてありました。枕銭は受け取らないという意思表示です。従業員教育が徹底されていると思います。もしかすると、1リラ(40円)では安すぎたのかもしれませんが。
posted by オーツ at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック