2015年09月15日

銃乱射事件に巻き込まれたら

 オーツがネット内で見かけた記事です。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/44704
 2015.9.4 公開の老田章彦氏の記事です。
 乱射犯に追い詰められたらアメリカ人はどうするのでしょうか。
 銃乱射事件が頻発するアメリカで、対処法を教える教育ビデオの中身について書いてありました。
 第1は、逃げる。第2は、隠れる。そして第3は、戦うです。
 ごく普通の一般人がどんなことができるのでしょう。しかし、いざとなれば戦うしかないのでしょう。むざむざ殺されるよりははるかにマシというものです。他にしかたがなければ、戦うしかないのです。オーツがそんな場に巻き込まれたら、戦えるでしょうか。自信がないです。それにしてもアメリカ人は強そうです。
 こんなことを知ったとしても、そんな知識を使わずに一生を終えたいものです。
ラベル:銃乱射事件
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック