2015年08月31日

トヨタがホバーボードを作った

 映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー Part2」(1989)に出てくるホバーボードは、CGとワイヤによる特殊撮影であり、現実には存在しませんが、2015 年になって、それが現実化しました。トヨタが開発したホバーボードです。
 オーツは日経新聞の記事
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO90940770V20C15A8000000/
で知りました。
 リニアモーターカーの技術を応用しているというのが興味深いです。
 トヨタの技術力を物語っているかのようです。
 この話は夢があります。未来の乗り物を手にしたかのような感じです。何といっても楽しいです。
 オーツは、今まで生きてきて、ホバーボードを見ることに間に合ってよかったと思いました。
 まあ、こういう乗り物ですから、一般人が乗りこなすようになるまでにはまだまだ時間がかかるとは思いますが、それも不可能ではないように思いました。
 ただし、リニアモーターカーの原理を利用しているということは、このホバーボードでどこにでも行けるものではなく、あらかじめ設置されたレールの上を走るだけではあります。映画とは大違いですね。
posted by オーツ at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック