2015年08月26日

冷蔵庫が冷えない?

 ある日、妻が自宅の冷蔵庫があまり冷えないようだと言い出しました。そういえば、オーツが冷蔵庫内のペットボトルの水を飲んだときも、冷たさをあまり感じませんでした。冷蔵庫内の缶ビールを見ると、表面に水滴が付いています。これは、缶ビールの温度が周りの庫内の空気よりも低いために水滴が付いたものと思われます。妻によれば、冷凍庫内のアイスキャンディを食べたときにも、凍り方がちょっと不足気味で、歯ごたえが少なかったといいました。
 念のため、オーツが冷蔵室の温度を見てみると、9℃だったり、「--」(9℃を超えると出る表示)だったりします。マニュアルを見ると、冷蔵室は2〜3℃が普通だと書いてあります。明らかに冷蔵室の庫内温度が高いのです。
 冷凍庫の温度も、通常は−18℃くらいのはずですが、それよりずっと高めです。
 製氷室内の氷は、少し溶けて、再度凍ったため、全部がつながったようになってしまいました。
 全部の症状が冷蔵庫の温度が下がらないことを示しています。
 さっそく、オーツがパナソニックに電話して、数日後に修理の技術者に来てもらうことになりました。
 次に、こういうことでは冷蔵庫が使い物にならない可能性があるということで、急遽、もう1台の冷蔵庫(サンヨー製)の中を整理して、そちらに食品などを移動させることにしました。オーツの自宅では冷蔵庫を2台使っているのです。
 サンヨー製の冷蔵庫からは、賞味期限がとっくに過ぎた、数年前の食品などがかなり見つかりました。そういうのはゴミ袋にどんどん捨てました。冷蔵庫に余裕があると、残り物などを入れたままにしてしまいそうです。夫婦二人なのですから、冷蔵庫は1台でも十分なのです。
 そんなことで、サンヨーの冷蔵庫の中が整理され、パナソニックの冷蔵庫から食品などを移動させました。
 すると、修理が必要だとばかり思っていたパナソニックの冷蔵庫の冷蔵室の温度が下がり始めました。数時間もすると、3℃を示すようになりました。
 ということは、どうも、パナソニックの冷蔵庫にものを詰め込みすぎて、冷気が庫内を循環しなくなってしまったということなのでしょう。翌日には、パナソニックに再度電話して、修理の依頼を取り消しました。
 そういえば、と妻が言い出しました。タッパに入れた煮物などを冷蔵庫にしまったのだけれど、十分に冷やさなかった(温かいままで冷蔵庫に入れてしまった)かもしれないとのことです。
 どうも、このあたりが原因のようでした。
 まあとにかく、冷蔵庫が壊れると大騒ぎになります。食品の保存が利かなくなってしまいます。特に冷凍庫内のものが溶け出したりすると大変なことになります。一般には、冷蔵庫というものは、10年以上も動作しっぱなしで壊れることはないのですから、立派なものです。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック