2015年08月24日

自宅屋上で孫がプール遊び

 とある暑い日、オーツの自宅で1歳の孫を預かることになりました。
 そのとき、妻の発案で屋上でプール遊びをしようということになりました。屋上といっても、3階の廊下から出られる構造になっているので、まあベランダみたいなものです。周辺に手すりが付いているので、風があって何かが飛ばされても、下まで落ちることはなさそうです。そして、屋上には、鉢植えの植物などに水をやるために、水道が設置されているのです。
 息子に聞くと、すでに幼児用のプールが購入済みとのこと。空気を入れるための手動のポンプもあるということです。さっそくこれをオーツの自宅に運んでもらいました。
 で、室内でプールに空気を入れたのですが、これがけっこう大変でした。手でやると手が疲れますし、足でやるとポンプが動いてしまい、なかなか空気が入っていきません。
 ともあれ、何とか用意し、午前中に水を張って、少し温めておきました。
 午後、孫がやってきて、プールに入りました。1歳ということで、まだおむつが取れていないのですが、今は水遊び用のパンツ状のおむつがあるのですね。これをはいていると、万が一出してしまった場合でも受け止めてくれるというわけです。

pool.JPG

やや日差しがあったので、孫に帽子をかぶらせました。
 じょうろやバケツ、スイカの形をしたビーチボールなどをプールに入れてやると、それらで遊んでいました。オーツがバケツに水を入れ、高い位置から水を落としてやると、孫がその下に入って、ちょうど「打たせ湯」のような形で水に当たっていました。こんなことをすると、帽子がビショビショになってしまうのですが、まあ、そんなことは気にするまでもありません。
 結局、1時間以上遊んで、それなりにプールを堪能していました。体がちょっと冷たくなってきたようでしたし、あまり長時間遊ばせると、水の中で動き回っているので疲れるということで、プールから上げました。
 その後は、3時間近くのお昼寝となってしまいました。
 ついでに(といっては何ですが)後からさらに二人の孫がプールに入りに来ました。
 その後はみんなで夕食会です。3人も小さな子どもがいると、けっこう賑やかです。普段の夫婦だけの日常とは大違いです。妻がいろいろ用意したものを子供たちが元気に食べていきました。

 たっぷり遊んでたっぷり眠る。さらにたっぷり食べる。何と健康的なんでしょう。
ラベル:屋上 プール
posted by オーツ at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック