2015年06月28日

大阪シティホテル京橋に宿泊

 オーツは、大阪の京橋駅の近くにある大阪シティホテル京橋
http://www.ochk.co.jp/
に3泊しました。
 宿泊者全員に朝食がつきます。料金は3日間で 28,900 円でした。1泊あたりでは 9,000 円を超える料金です。ビジネスホテルとしては、こんなものでしょうか。オーツとしてはちょっと高いと感じました。
 さらに、実際に宿泊した経験を基に考えてみると、内容的には若干問題があったかと思います。
 禁煙室ではなかったこともあって、部屋に入ったとたんにタバコ(?)のニオイがしました。居室内にしばらくいれば気にならなくなりますが、「ン?」でした。
 洗面台の水を溜めるところ(蛇口から水が流れ落ちた先のところ)に細かいひびのようなものがたくさん入っていて、ちょっと見ると汚れているかのような感じです。一部は塗装がはがれたようになっていました。バスタブの底も同様でした。
 洗面台の蛇口を閉める場合、普通に閉めると、水が蛇口からポタポタと落ちます。少し力を入れて閉めなければなりません。
 バスタブのサイズがやや小さめだったこともイマイチでした。オーツがホテルに宿泊して使ったバスタブの中では一番小さかったように思います。すぐお湯がたまるというメリットがありますが、体を洗うときなど、バスタブのカーテンが体にくっついたりして、洗いにくくなります。壁にも泡がたくさんつきます。
 バスルーム自体も狭くて、ちょっと使いにくかったです。バスルーム内の壁で、便器に向かい合う位置にトイレットペーパーホルダーがついていましたが、それが出っ張っている分、移動のスペースが狭くなります。ホルダーに体がぶつかったわけではありませんでしたが、そんなことを心配しました。また、居室の床の高さとバスルームの床の高さがかなりちがっており(ユニットバスの下に排水管があるので、こうなることはわかるのですが)バスルームに入るときには、よっこらしょといった感じで階段1段分を上がる形になります。それよりも、むしろバスルームを出るときが問題で、段差が大きいと転びそうな感じになります。実際、転んだことはないのですが、……。
 部屋には小さな冷蔵庫が備え付けられていましたが、扉を開けたりするとかなりガタガタします。
 宿泊者に無料で提供される朝食は、ごく簡単なもので、各種パン、ゆで卵、オレンジジュース、コーヒーというものでした。箸やスプーンもないわけで、片付けが簡単になるように、こんなメニューになったのでしょうが、果物や野菜があるとよかったです。3日間とも同じメニューだったので、かなり飽きました。
 部屋に無線LAN、有線LANが完備されていたのはよかったです。無線の接続は簡単でした。

 ちなみに、京橋の駅からホテルまで、徒歩5分くらいですが、夜、帰ってくると、「キャバクラどうですか」のような客引き(若い男性)が、5人から10人くらい寄ってきます。そういうつもりがない人間にとって、面倒なだけです。まあ、京橋という地域自体がそのような地域なのでしょう。
posted by オーツ at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック