2015年06月13日

迷惑メールがじゃんじゃんやってくる

 オーツは、プロバイダとして nifty を愛用しています。その一つの理由は、迷惑メールが来ると、自動的にそれと判断して、迷惑メールフォルダに分類してくれる点です。何も指定しなくても、そういう処理をしてくれるため、大いに重宝していました。そのおかげもあるのか、最近は迷惑メールが減ってきました。
2014.11.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/408103416.html
 ところが、最近、新手の迷惑メールが到着するようになってきました。nifty の処理をすり抜けてしまいます。つまり、オーツのパソコンの受信フォルダーの中まで到着するのです。それが、一つの会社(個人)からのメールでなく、数十社からそれぞれ別の文面で、(しかし内容はFX投資を勧めるものなのでほぼ同じです)オーツの一つのアドレスあてにやってきます。
 オーツはメール受信には Becky 2.0 を使っていますので、パソコンに到着したメールでも、フィルタリングマネージャで迷惑メールをはじくことができます。たとえば、From: に特定のアドレスがあると、それを(「ごみ箱」という名前の)特定のフォルダに移動してくれます。
 ところが、いろいろな会社(個人)が同様のメールを送ってくるので、メールソフトでそれらを個別に指定するのが面倒なのです。フィルタリングマネージャのルールが数十件にもなってきました。いくつまで増やせるのか知りませんが、何百にもなると、受信動作も遅くなりそうです。もちろん、一つ一つのアドレスについて「ルール」を指定するのが一番大変なのですが。
 困りました。
 もちろん、メールの末尾には、
解除は下記アドレスまで「解除」とメールしてください。
sub-6Kd2Ac7Zri@bizmail.jp

などと書いてあるのですが、まさかそんなところにメールする人はいないでしょう。そんなことをすると、このアドレスが生きていると業者に知らせることになります。その業者からの迷惑メールは来なくなるかもしれませんが、別の(それぞれに異なる)業者から何百通かの迷惑メールが来ることになるに違いありません。
 ちなみに、オーツの手元には、上記のようにたくさんの会社からの迷惑メールが来ますが、解除のためのアドレスは、全部「sub-******@bizmail.jp」という形式になっています。また、メール全体の形式もかなり相互に類似しており、これらの会社は、実態として1社ではないかと疑われます。しかし、送信元のアドレスだけは全部異なるのです。
 いやはや、困りました。
 何か、名案はないものでしょうか。
posted by オーツ at 04:47| Comment(3) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
古いXPに入っているOutlook Expressでさえ、「メール本文にbizmail.jpが含まれていれば削除する」のような条件を設定することができます。Beckyについてはネットに次のような解説がありましたが、これはだめでしょうか?

http://www.gabacho-net.jp/whims/whim0142.html
Posted by 98 at 2015年06月13日 09:05
98 様
 オーツの確認不足でした。
 フィルタリングマネージャで新しいルールを作成するとき、「条件の追加」欄を見ると「ヘッダ」にしかじかの文字列があるとき、あるいはないときにこれこれを行うというルールが記述できます。
 「ヘッダ」欄の詳細を見ると、[body]というのがありました。これが「本文」のことでした。
 「ヘッダ」欄に本文のことが書けるとは思ってもみなかったので、ずっと気が付かないままに Becky を使っていました。
 おかげさまで、迷惑メールのかなりの部分がごみ箱に直行するようになりました。そして、今後到着する多数の迷惑メールに対しても対処ができている点がありがたいことです。さらに、メールソフトの使い方についてひとつ詳しくなりました。
 ありがとうございました。
Posted by オーツ at 2015年06月13日 15:28
Outlook Expressでできることが人気ソフトのBeckyにできないはずがないと思いました。
それにしても「ヘッダ」という表示は不適切ですね…。
Posted by 98 at 2015年06月13日 15:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック