2015年06月09日

消化のよい食事

 オーツは先日大腸ポリープを切除しました。
2015.6.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/420203708.html
 退院後は、消化のよい食事をするようにといわれて、オーツが最も回数多く食べたのは、以下のような「雑炊」でした。
 オーツの自宅では、ご飯を炊いたら冷蔵庫で保管しています。それを食べることにします。
 まず、鍋に水を入れて、冷蔵庫のご飯を適当量(茶碗半杯くらい)入れます。
 ちくわ(原料は魚のすり身なので消化にいいはずです)1/2本を薄切りにして鍋に入れます。豆腐1/4丁を入れてもいいと思います。
 鍋をコンロにかけ、グツグツ沸騰させます。
 めんつゆを適当量煮立った鍋に入れます。
 溶き卵1個を回し入れます。
 一煮立ちしたらできあがりです。丼に移してスプーンで食べます。
 とても簡単ですが、それなりにおいしく食べられます。栄養も十分のようです。
 野菜を入れてもよかったのですが、あまり煮てない野菜だと、食物繊維が多く、腹の中に溜まるようです。煮てもよい野菜が何か、思いつきませんでした。イモ類や白菜でしょうか。白菜は今の季節では売っていないようです。ダイコンがいいかもしれません。
 ご飯の代わりにうどんもいいようです。雑炊でなく、煮込みうどんになります。しかし、うどんと一緒に煮て食べる具があまり思いつきません。うどんの形が細長いので、具を一緒に食べようとすると、けっこうむずかしいです。ま、うどんを先に食べて、残りの具をスープと一緒に食べればいいのかもしれません。
ラベル:消化 雑炊
posted by オーツ at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック