2015年05月10日

緑茶やコーヒーを飲むと死ぬリスクが減る?

 オーツは、テレビのニュースで最初に聞きましたが、その後、日経新聞でも見かけました。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07H17_X00C15A5000000/
2015/5/7 11:30 の記事です。
 緑茶やコーヒーをたくさん飲むと、死亡リスクが減少するという話です。
 記事の最後に「〔共同〕」と入っているので、共同通信社の配信記事であることがわかります。
 ネットではあちこちのサイトに同種の記事があります。
http://news.livedoor.com/article/detail/10084881/
http://www.excite.co.jp/News/health/20150507/Kyodo_BR_MN2015050701001040.html
 海保博之さんのブログでも取り上げられていました。
http://blog.goo.ne.jp/hkaiho/e/daaa8b1cbdaf20d9ac13b7680fa66be8
 オーツがちょっと見た限りでは、マイナビニュースの記事が詳しいようです。
http://news.mynavi.jp/news/2015/05/07/514/
 緑茶やコーヒーを1日1杯未満飲む群と、1日1〜2杯、1日3〜4杯、1日5杯以上飲む群とを比較して、死亡率が統計的に有意であると結論づけています。
 オーツは、緑茶やコーヒーをあまり飲まないので、こういう結果は気になります。
 しかし、この部分だけを見たのでは、データ解析をどのように行ったのか、詳細は不明です。もしかして、原論文(疫学会誌「Annals of Epidemiology」)を入手して読むべきかもしれません。
 オーツがちょっと考えた限りでは、こういう単純な集計と有意差検定では、結論的に断定するのは危険です。もう少し他の要因も考えて、それらの要因ではないことを確認しないと、緑茶やコーヒーが死亡率を下げる要因だとは断定できないと思います。
 たとえば、緑茶やコーヒーをたくさん飲む人は、飲まない人に比べて裕福なのではないでしょうか。たくさん飲めば、その分の飲み物代がかかるという面もありますし、1日に何杯も飲むということは時間的に余裕がある人(つまりは富裕層)なのではないでしょうか。裕福な人は、栄養面でもちゃんとバランスよく摂取できていて、長生きするのかもしれません。
 これを論証するためには、個人所得か世帯所得か保有資産か何かを基準にして、研究対象の9万人をいくつかのグループに分け、それぞれのグループ内で、飲み物の摂取量と死亡リスクの関係を見ていく必要があります。いわゆる三重クロス集計に相当します。
 富裕レベルは、一つの要因の例ですが、他にもいろいろ考えられます。
 年齢などはどうでしょうか。若い人ほど飲み物好きということはないでしょうか。とすれば、飲み物好きな人は死亡率が低く出てきます。あるいは、酒好きな人は、緑茶やコーヒーを飲まない傾向がありそうです。酒好きな人が死亡率が高くなるのかどうか知りませんが、大酒飲みは早く死ぬように思います。
 ともあれ、こういう他の要因をいろいろ考え、そうではないと確認する作業が必要になります。この作業がどれくらい行われたのかが結果の信頼性を高めます。9万人を対象にした調査が行われたという話ですから、このくらいの数があれば、各種クロス集計をしても、サブグループの人数が相当な数になるので、このような作業が十分行えるはずです。
 オーツが読んだ記事では、このあたりの集計・分析がどれくらい行われたのかまでがわからないので、まだまだ断定はできないなと感じました。
 オーツが述べた話は、相関関係が(有意であると)確認されても、因果関係が確認されたわけではないということで、データ分析をする人にとっては当たり前の考え方です。第三の隠れた要因が真の要因で、表面に見える二つの要素を左右しているという例です。たとえば、富裕層は死亡率が低い、そして、富裕層は緑茶やコーヒーをたくさん飲むいう傾向があると、表面的には緑茶やコーヒーをたくさん飲む人が死亡率が低く見えることになります。

 それにしても、1日に何杯もコーヒーや緑茶を飲む人がいるのですね。オーツはそんなに飲まないので、そんなに飲む人の気持ちがわかりません。そんなに飲んで、気持ちが悪くなるようなことはないのでしょうか。まあないのでしょうね。
posted by オーツ at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック