2015年04月02日

Windows 8.1 のセットアップで一苦労

 オーツは、最近、Windows 8.1 のパソコンを買いました。今使っているパソコンから乗り換えようと思ってのことです。先日来、いくつかのソフトをインストールしたりしてきましたが、いろいろなトラブルがあって、各種セットアップに手間取っています。
 その中で、かなり疑問に思うことがありましたので、ここに書いておきます。
 パソコンを起動したら、いつも、とあるプログラムを起動させたいと思いました。
http://imagingsolution.net/program/windows8-1/add_startup_program/
によると、スタートアップフォルダにショートカットを入れておけばいいという話です。そして、スタートアップフォルダーは、オールユーザーのスタートメニューへ追加する場合
  C:¥ProgramData¥Microsoft¥Windows¥Start Menu¥Programs¥StartUp
に追加するように書いてありますが、上記記事中の画面キャプチャーでもわかるように、Windows フォルダの下には「Start Menu」はなく、「スタートメニュー」があるのです。エクスプローラーで見るとそう見えます。しかし、ファイルメンテナンスソフトで見てみると、「Start Menu」があることは明らかです。それを表示するときに、わざわざ日本語に置き換えているということです。こういうまぎらわしいことはやめてもらいたいものです。オーツはしばらく迷ってしまいました。目で見えるところと、パソコンの中は同じであってほしいということです。
 こんなことで苦労させられるのですよ。
 ちなみに、「Start Menu」の下には「Programs」と「プログラム」というフォルダがあります(ファイルメンテナンスソフトで見えます)が、エクスプローラーで見ると、「プログラム」だけが見えます。しかし、実はこれは「Programs」のことなのです。ああ、何というまぎらわしさなんでしょう。こういう設計をした Microsoft 社の技術者(およびそれでいいと判断したOS開発者たちの全員)に文句の一つもいいたくなります。
posted by オーツ at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック