2015年03月30日

三四郎@江古田南口で煮干し中華そばを食べる

 オーツは、先日、江古田南口にある三四郎というラーメン屋に行きました。
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13151775/
 オーツが江古田のラーメン店めぐりを始めたころ、この店の前に並んでいる人をよく見かけました。並んでも食べたいほどのものなのか、しかし、混んでいたら食べるまでに時間がかかるし、ということで、躊躇していました。
 しかし、何事も経験してみなければわからないものです。食べてみることにしました。
 オーツは 11:30 の開店時刻よりも5分ほど早くお店に着きました。店の外に3人組が並んでいましたが、これなら待ち時間は大したことなさそうです。
 お店が開店し、店の中に入ると、券売機がありました。煮干し中華そば(並)690 円の食券を買いました。
 お店はカウンター6席だけの小さなものでした。オーツのあとから2人が入ってきましたので、これで満席となったわけです。店内ではマスターが一人でがんばっていました。
 店内の棚には大量の煮干しが袋に入って置いてあります。今日は「あご(飛魚)の煮干しと片口イワシ」と書いてありました。煮干し度が「6」なんだそうです。毎日、使う煮干しを変えたりして、味を変えているという話です。
 さて、待つことしばし。中華そばが出てきました。
 食べてみると、とろりとしたスープがとてもおいしく、これは並んでも食べたいという人がいることがわかります。ラーメンのキモはスープです。
 細いストレート麺のゆで方もちょうどよい感じです。
 では、オーツの行きつけの店になるか。それはちょっと違うような気がします。
 第1に、チャーシューを炙って乗せてくれますが、これが脂身がやや多く、オーツの好みではなかった点があります。
 第2に、チャーシューを炙ると、煙が出ますが、換気が悪いのか、煙が店内に充満している感じです。店内がちょっとかすむといえばいいでしょうか。店が狭いためにこうなるのかもしれません。オーツは、こういうのがあまり好きではありません。もっとも、換気をよくすると、今度は店内が寒くなってしまいますから、冬は大変です。
 第3に、具として野菜類が少ないということです。オーツの好みとしては、もう少し野菜を食べたいと思います。
 というわけで、再訪はしてもしなくてもいいですが、食べログの 3.60 という高評価はわかる気がします。
posted by オーツ at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック