2015年02月01日

イスラム国

 最近は、日本人人質事件とともに、イスラム国の話題が関心を集めているようです。
 ニュースでも盛んに報じられていますが、まず気になることは「国でないのに、なぜ「イスラム国」と呼ぶか」です。
 そんなオーツの疑問に答えてくれたのは朝日新聞の記事でした。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11578611.html
なるほど、頻繁に自称を変えていたのですね。このレベルの解説記事をもっと早く知りたかったと思いました。まあ、日々のニュースになるような話題ではないですが。
 その主張や歴史などについても、よくわからないところがありましたが、ネット内の記事で比較的手軽に理解できるものがありました。
http://www.tachibana-akira.com/2015/01/6712
作家の橘玲氏の解説ですが、たった4ページでとてもよくわかります。
 今回の事件の周辺事情を知りたいという方におすすめです。
ラベル:橘玲 イスラム国
posted by オーツ at 04:56| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
分かりやすい記事の紹介ありがとうございます。

この件の理解が進みました。

理想論と現実論、そのジレンマの先に未来があると信じたいですね。
Posted by ANUT at 2015年02月03日 12:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック