2015年01月23日

Windows 10 は無償提供?

 オーツは日経新聞で見ました。2015/1/22 7:02
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK22H01_S5A120C1000000/
米マイクロソフト(MS)は21日、今年後半に発売予定の次期基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」を「7」以降の利用者に無料で提供すると発表した。「無償アップグレード」は発売から1年間の限定措置だが、これまで新しいOSを有料で提供してきたMSにとっては大きな戦略転換となる。【以下、略】

 オーツは驚きました。新しいOSが無償提供されるというのです。では、マイクロソフトは一体どこでもうけるのでしょうか。オーツにはわかりません。
 さて、では、オーツが使っている Windows 7 と Windows 8.1 のパソコンは Windows 10 にアップグレードするべきでしょうか。発売から1年間の限定措置ということですから、1年以内に判断しなければなりません。それまでに、Windows 10 の評判は伝わってくるでしょうか。最近のオーツはパソコン情報にも疎くなっていますし、……。
 オーツの現時点での見通しでは、Windows 7 のパソコンは、メインマシンなので、そのままで使い続けようかと思います。OSをアップグレードして、何かトラブルが起こったら、もう元には戻れません。今まで使っていて、特に不満はないので、このまま使い続けるほうがいいように思います。パソコンの使い勝手を決めるのは、OS自体ではなくて、アプリケーションソフトです。ということは、OSはどうでもよいということです。ならば、アップグレードの必要性はないともいえそうです。
 Windows 8.1 のパソコンは、OSをアップグレードしてもいいかなと思います。Windows 8.1 は、どうにもそれ以前(Windows 7)とは使い勝手が違ってしまって、Windows 7 よりも使いにくいと感じます。それに今はメインに使っているわけでもありません。どうせ、8.1 はあまり使わないので、この際 10 にアップグレードして、新しいパソコンとして使い始めるといったところでしょうか。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック