2014年12月27日

残り物をたくさん食べさせようとする妻の夕食

 オーツはインフルエンザでダウンしてしまいました。
2014.12.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/411175063.html
 そのため、当初予定していた息子たちや孫たちを呼んでのささやかなパーティーがキャンセルになりました。残念ですが、しかたがありません。
 で、その後、オーツの熱が下がったときに、妻が夕食を用意してくれました。パーティー用に作ったものの残り物でしたが、それもしかたがないでしょう。
 問題は、その量がかなり多かったことです。オーツは病み上がりで、胃腸の調子もはっきりしない状態でしたが、その割りには、あれもこれもいろいろ並べてきて、けっこうな量を食べさせてくれる形になりました。
 まあ、お腹がいっぱいになって、残り物も片付くし、一石二鳥なのは理解できるけれど、少なくとも、病人に食べさせるものではなかったです。
 残すのも変だから、全部食べましたが、明らかに食べ過ぎました。その晩は、ベッドに入ってもお腹の中に食べ物が詰まっているような気がして、ちょっと気分がすぐれませんでした。
 こういうときは、少な目のおかずで、やや貧弱気味の食事でちょうどいいのではないでしょうか。
 普段からオーツは妻に夕食を作ってもらうことがないので、オーツの普段の食事の量を妻がわかっていないことが問題なのでしょう、きっと。
 インフルエンザで体重が2〜3キロ減りました(だって食べなかったのですから当然です)が、1回の夕食の効果で、あっという間に元に戻りました。もしかして、それをねらったのかも……。いや、違うでしょ、たぶん。
posted by オーツ at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック