2014年11月15日

ジョニ黒がおいしい

 ウィスキーは、オーツが若いときにはよく飲んでいたものですが、最近はあまり飲まなくなっていました。
 しかし、ビールを止めてから、焼酎とかウィスキーを飲むようになりました。
 焼酎もウィスキーも、水割りで飲んでいます。若いときにはストレートが好きだったのですが、最近は二日酔いにもなりやすくなっていますので、ストレートはきつく感じます。氷を入れて水割りにすると、かなり飲みやすくなります。
 オーツの学生だったころ(40年前)は、ジョニ黒なんか貧乏学生に飲めるものではなく、たぶん1万円くらいしたように思います。(自分で買うこともほぼなかったので、値段を覚えていません。)ジョニ赤でも5千円くらいして、サントリーのオールド 2,300 円が高級酒でした。学生レベルでは、そのころ、千円以下のウィスキーを飲んでいたように思います。レッドが 500 円くらいでしたかね。
 先日、ドンキホーテに行ったら、ジョニ黒が 1,981 円で売られていました。オールドが 1,400 円くらいでしたかね。ウィスキーがずいぶん安くなったものです。昔とは様変わりです。
 で、ジョニ黒を買って帰ったのですが、水割りにして飲んでみたら、おいしいと思いました。
 ストレートでは、味が直接わかるのですが、水割りでは、水で薄めてしまうので、どうせ味なんかはっきりしないだろうと思っていました。そこで、角瓶くらいを飲むことが多かったのでした。これなら近所のスーパーで売っているので手軽に買えるということもありました。
 しかし、せっかく飲むならおいしいものを飲みたいと思います。
 手が出せなかった昔の超高級酒が、今や安くなり、普通に手が届くようになっています。ありがたい世の中になってきたものです。時代とともに物価が上がり、それにともなって所得水準も上がり、個人的には(年齢とともに)給料が上がり、しかしウィスキーの値段は安くなったわけです。

関連記事:
2014.2.7 ウィスキーが今や高い酒ではなくなった
http://o-tsu.seesaa.net/article/387458052.html
posted by オーツ at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック