2014年11月12日

テレビが4千円でスマートテレビになる

 オーツは日経新聞で読みました。
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO79315290V01C14A1000000/
 米アマゾン・ドット・コムは米国でスティック型映像受信端末「Fire TV Stick(ファイアTVスティック)」を発売したとのことです。4千円ほどの小さなデバイスを差し込むことでテレビがたちどころにインターネットとつながるというわけです。こうして、スマートテレビが実現できるという話です。Google のクロームキャストも似たようなものです。
 オーツは、ブルーレイディスクで好きな映画を保存していますが、そんなことをしなくても、ネットからストリーミング技術で見ればハイビジョンで好きなものを見られるからずっと快適だというわけです。
 日本でもそうなるでしょうか。日本語という言語の壁があるので、実現は簡単ではないかもしれません。しかし、技術的には何も問題がありません。
 考えてみると、いろいろな映画を見ていくと、「これはいかがですか」と勧めてくるなんて、うざいだけです。ずっとジャッキー・チェンの映画を見ているからこそ、たまには恋愛映画を見たいということもあるのです。
 オーツは、従来メディアのブルーレイディスクを今後とも愛用するような気がしています。自分で見るものは自分で主体的に選びたいものです。
posted by オーツ at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック