2014年10月18日

ボールペン SARASA

 オーツはちょっと手書きで書くとき、ボールペンを愛用しています。1本 100 円の普通のボールペンです。
 一番普通に使っているのは、ZEBRA の SARASA
http://www.zebra.co.jp/pro/sarasa/index.html

です。このことは以前のブログ記事でも書きました。
2012.11.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/301573045.html
 最近、机の引き出しの中を見ると、使い切った SARASA が何本もたまっています。
 ボールペン自体は、全然壊れていないので、軸(ペンの本体)だけを買えば十分使えると考えて、そうしているのですが、未使用の(買い置きの)SARASA が何本かあるため、なかなか軸を買うには至っていません。
 考えてみると、こんなふうにボールペンを最後まで使い切るというのはすごいことです。
 オーツが小さかったころ、今から50年くらい前だと、ボールペンは最後まで使い切らないうちに、ペン先が詰まったりして、途中で書けなくなってしまったものでした。ときどき「ボタ」が出て、手を汚したりすることも普通でした。ボールペンを最後まで使い切ることもあったかもしれませんが、あまり記憶にありません。
 しかし、最近の製品はこのように全部使い切れるのです。工業製品としては、1本丸ごと最後まで使えて当たり前かもしれないけれど、以前の品質を知っているものとしては、素直に感動してしまうのです。
ラベル:ボールペン sarasa
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック