2014年10月04日

幼児が見るテレビ番組

 NHK の刊行している「放送研究と調査」という雑誌があります。2014年10月号を見ていたら、渡辺洋子「幼児のテレビ視聴と録画番組・DVDの利用状況」という記事がありました。そこには、幼児がどんなテレビ番組を見ているか、調査結果が書いてありました。
 調査対象は東京30キロ圏に住む幼児で、無作為抽出してあります。2歳児が83人、3歳児が137人ということで、まあ東京近辺の幼児を代表していると言えそうです。
 2歳児がよく見ている番組というと、NHK Eテレの朝の番組(「おかあさんといっしょ」など)が多いですが、日曜 18:30- の「サザエさん」(フジテレビ)と日曜 18:00- の「ちびまる子ちゃん」(フジテレビ)も登場しています。
 3歳児がよく見ている番組では、「サザエさん」がトップで、「ちびまる子ちゃん」が2位、それから NHK Eテレの番組が続きます。
 幼児の成長段階によって、見る番組が変わってくるのは当然でしょう。
 オーツは、孫が自宅に遊びに来ることに備えて、Eテレの朝の番組を1日分だけ録画しています。必ず見せるわけではありませんし、むしろ、実際は見ないことが多いのですが、何かのときに小さな子供の気を紛らせるのにはテレビがいいかもと思います。
 これらの番組は、季節に合わせて内容が変わっていくので、1年に4回くらい入れ替えています。
 3歳の孫のほうはまもなく4歳、1歳のほうは2歳になりますが、今後は「サザエさん」や「ちびまる子ちゃん」も録画しておいてもいいかもしれません。
 ちなみに、NHK の調査によれば、4歳児、5・6歳児ともに「サザエさん」も「ちびまる子ちゃん」も高い視聴率になっています。
posted by オーツ at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック