2014年10月03日

病院では診察を待つ時間が長いことがある

 オーツは、切れ痔の治療で、近くの病院に何回か通いました。
2014.7.3 http://o-tsu.seesaa.net/article/400892000.html
 診察時間は30分単位で予約されています。
 早いときには、実際にその時間内に診察が終わるので、負担感がなくて助かります。
 一方、先日は、15:30(-16:00) の予約で、15:20 に病院に着いたのですが、診察室に呼ばれたのは 17:09 でした。約2時間待ちましたが、これは長かったです。お医者さんは「待たせてしまって申し訳ありません」というようなことを言いましたが、まあ、しかたがないでしょう。医者の責任ではありません。たくさんの患者が集中した結果なのでしょう。
 それにしても2時間は痛かったです。それが事前にわかっていれば、2時間分の仕事ができたところです。たとえば、パソコンを持参して待合室で仕事をしてもいいでしょう。しかし、いつ呼ばれるかわからない状態では、そういうこともやりにくいものです。
 オーツは、待合室で新書などを読みながら待っていましたが、そんなに長くイスに座っていることで、かえって痔を悪くすることすらあるのではないかと考えてしまいました。
 2時間は大したことない人もいるでしょうけれど、現役で働いている人間の2時間は、それはそれは高いものなのですよ。
 ま、今回の通院で最後となった(つまり今回処方された薬を使い切ったところで治療終了ということです)ので、正直なところ、ホッとしています。
ラベル:待ち時間 病院
posted by オーツ at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック