2014年07月22日

exe 形式のファイルを他人にあげようとすると

 オーツは自作のプログラムを他人にあげるときがあります。昔からそうしてきました。
 最近、何でもメールで送れるようになって、ありがたいと感じています。
 ところが、exe 形式のファイルを送ろうとすると、うまくいかないのです。
 メール関連のセキュリティ意識が高まり、それはそれでいいことなのでしょうが、exe 形式の添付ファイルがあると、うまく送信できません。
 いや、送信サーバは通過するのですが、相手の受信サーバが拒否するケースが多いのです。
 困ります。
 zip ファイルに(圧縮して)入れて送ろうとしてもダメです。
 宅ふぁいる便
http://www.filesend.to/
で大きくもないファイルをアップロードして、相手に URL を知らせる方法で何とか送り届けることができました。
 何か、いい方法がないものでしょうか。
posted by オーツ at 05:15| Comment(8) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネットの情報によればLZHに圧縮すれば送れるそうです。
http://www.oshiete-kun.net/archives/2007/09/21_0014.html

LZHは日本で開発されたためにチェックの対象から漏れているのではないでしょうか。
Posted by 98 at 2014年07月23日 06:46
98 様
 なるほど!
 lzh で送るというアイディアは、思いつきませんでした。
 もっとも、送った先がパソコンの素人だと、lzh ファイルを解凍するのがけっこう大変だったりするかもしれませんね。
 宅ふぁいる便とどちらが楽か、迷います。
Posted by オーツ at 2014年07月23日 07:56
確かに解凍の方法を知らない方の場合は困りますね。

LZHがチェックされないのはチェック漏れではなく、原理的にチェックできないのだそうです。
http://gigazine.net/news/20100607_lzh_end/
Posted by 98 at 2014年07月24日 05:22
98 様
 こういう形で LZH 形式が使われなくなるというのは残念なことです。
 自分のハードディスクの中にも、LZH で圧縮してあるファイルがあちこちに存在するので、そのうち、こういうものは読めなくなっていくのでしょう。
 「単純テキストファイルで保存する」のがベストだという信念は変わりませんが。

 exe の話から流れが変わってきました。
Posted by オーツ at 2014年07月24日 05:51
LZHがゆくゆくは読めなくなるという可能性にはうかつにも思いが至りませんでした。

ただ、自分がパソコンを使っているあいだは今のWindowsの延長線上でしょうから、解凍できなくなる心配はないのではないかという気もします。
Posted by 98 at 2014年07月25日 05:47
98 様
 パソコンを何年使うかですね。
 自分では、今の年齢も考えて30年使えればいいと考えています。
 しかし、今から30年前に使っていたワープロソフトはすでになく、それで書いたファイルは(一部)読めなくなってしまいました。
 40年前に作成した(パソコンではなく大型機ですが)テキストファイルは、今でも読めます。
 というわけで、テキストファイルにしておけば、OSが変わり、パソコンが○○に変わり、使われる文字コードが変わっても、40年後に読めるのではないかと考えています。しかし、そうでないものは、読めなくなる可能性を考えておかないといけません。Word はそんなに持たないでしょうし、Windows は使われなくなり、そもそも(今のような)パソコンを使っている人はいないかもしれません。それでもデータが読めなくなっては困ると思います。
 自分のデータは自分のものですから。
Posted by オーツ at 2014年07月25日 07:37
私も30年も持てば十分だと思っているのですが、確かに世の中の変化は速いので油断はできませんね…。

今は、LZHの解凍ソフトが動く最後の段階で、記憶装置の中にあるLZHをことごとく解凍するプログラムを作って一括処理しようかと思います。
Posted by 98 at 2014年07月25日 19:14
98 様
 なるほど。そんなことを考える時期なんですね。
 私もそうするかもしれません。どこに lzh ファイルがあるか、自分でもわからなくなっていますし、それが読めなくなるのは痛いですからね。
 昔は、小さなファイルがたくさんできたので、いろいろなものを lzh で圧縮していたものでした。
 時代が変わったのかもしれません。
Posted by オーツ at 2014年07月26日 02:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック