2014年07月17日

江古田 漁師のあぶり家のランチ(3回目)

 江古田 漁師のあぶり家のランチはおいしくて、オーツのおすすめの1品です。
2014.4.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/393415266.html
2013.11.7 http://o-tsu.seesaa.net/article/379567698.html
 ブログに書かないままに、実は何回も食べに行っています。
 さて、先日、ランチを食べにいったら、いつものサラダバーにうどんが置いてありました。つまり、うどんの食べ放題をやっていたわけです。これはうれしい。こういう冷やしたうどんはオーツの好みなのです。
 近くには、刻みネギ、天かす、シーチキン、キュウリの細切りなどが置いてありました。もちろん、めんつゆもありました。しかし、食べてみたところ、このめんつゆはちょっと塩分が強すぎました。そうはいっても、うどんをおかわりして食べれば、塩辛いめんつゆもうどんの水分などで薄まって、適当な味になります。
 左隣のテーブルに座った親子の客は、お椀に入りきれないくらいのうどんを山盛りに盛ってきて、二人で食べていました。迫力がありました。
 オーツは「塩サバ炙り焼き定食」870 円を食べて、満足しました。温かくて、柔らかくて、味がよくて、いうことなしです。
 ふと気がつくと、右隣のテーブルに座った、ガッチリした体つきの若い学生風の男性が「大盛! 若鶏唐揚げ定食」(920 円)を注文したらしく、店員さんがお盆にのせて持ってきました。たまたまオーツはその唐揚げを見てしまったのですが、唐揚げが山盛りになっているのです。1個1個の大きさが普段見かけるものの何倍かはあるというサイズで、しかもそれが5個か6個(?)あったのです。
 ネットを探したら、食べログに写真がありましたので、見てみてください。
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13146149/dtlphotolst/P23612765/
 唐揚げは大きな皿にのっていて、しかもその大皿がちょうどいいサイズになっていました。「大盛」とは、なるほどその通りです。若い男性はこういうものを食べるのだなと感じ入りました。
 これは、体育会系の男子学生にぴったりだと思います。
 う〜む。オーツも若いころだったら、こんなものを食べたのでしょうか。
posted by オーツ at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック