2014年07月13日

中野区防災情報メール 震度速報

 7月12日、朝4時22分ころに地震がありました。
 オーツのケータイに「緊急地震速報」が着信し、ケータイがぶるぶる震えて警告を発しました。それから、地震の揺れが感じられました。なるほど、「緊急地震速報」は意味があるものです。身構えることができます。万が一ガスを使っていれば、止める時間くらいはありそうです。
 さて、その後、「中野区防災情報メール 震度速報」も送られてきました。
 オーツは、自宅が中野区にあるため、こういうのを受信するような設定にしているのです。

>2014年07月12日04時22分頃
>東京都23区で震度3の地震を観測しました。
>念のため、津波に注意してください。
>【震度4】
>宮城県南部,福島県中通り,福島県浜通り,福島県会津,茨城県北部,栃木県北部
>栃木県南部
>【震度3】
>岩手県内陸北部,宮城県北部,宮城県中部,山形県村山,山形県置賜,茨城県南部
>群馬県南部,埼玉県北部,埼玉県南部,千葉県北東部,千葉県北西部
>東京都23区,神奈川県東部,新潟県中越,山梨県東部・富士五湖,長野県中部

 こういうメールは自動送信しているはずですが、「中野区」の防災メールです。そこに「念のため、津波に注意してください。」とあります。中野区は海岸(東京湾)からずっと離れており、もしも中野区に津波が押し寄せるようであれば、千代田区から中央区、文京区、港区など、東京都心の大部分が津波で壊滅的な被害が出ているでしょう。東京湾は、そもそも地形からいって、津波が来にくくなっています。都心が水没するような大津波はありえないとすら考えます。本当にそうなったときは、日本の太平洋側全体が被害を被るようなときでしょう。
 というわけで、中野区に済んでいる者には「津波に注意」はあり得ないのです。
 「中野区防災情報メール 震度速報」の文面には違和感を感じました。もしかして23区全体に同じ文面を流しているのでしょうか。だとしたらわかりますが、それは「中野区」の防災情報メールではないですね。
posted by オーツ at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック