2014年07月10日

旬肴酒楽 まんまるや@江古田駅北口

 「旬肴酒楽」は「しゅんきしゅらく」と読むのだそうです。オーツは恥ずかしながら読めませんでした。
 さて、まんまるやは江古田にある日本大学芸術学部(俗称ニチゲイ)の北側に位置する小さな居酒屋です。
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13093465/
 あるとき、ふと思い立って、二人で入ってみました。
 例によって、何を飲み食いしたかを記録しておきましょう。最後にレシートをもらったので、それを見ながら書くことにします。とはいえ、レシートは飲み物と食べ物に区分されている程度で、明細が書かれておらず、個々の飲食物がいくらなのか、わかりません。ということで、以下は当てはめ方が間違っている可能性がありますので、ご注意ください。
 飲んだものは、中生ビール 490*2=980 円、アメリカの何とかいう瓶ビール 780 円、日本酒は越の鹿六(純米吟醸) 650 円、山廃吟醸 真鶴 680 円でした。アメリカのビールは連れが頼んだもので、オーツも一口飲みましたが、特においしいとは思いませんでした。また、連れは、変な味のハイボール 750 円、もひとつ別のハイボール 670 円を頼んでいましたが、いずれもイマイチな感じがしました。オーツは、こういうところではやっぱり日本酒がおいしいと思います。
 食べたものは、お通し 200*2=400 円、生ハムとポテトサラダ 480 円、マーボー茄子 550 円、じゃこ天炙り 650 円、刺身盛り合わせ 1250 円でした。
 お通しは、冷ややっこの上に魚の佃煮が乗ったものでした。200 円とは思えない充実ぶりでした。
 生ハムとポテトサラダもおいしかったです。ポテトサラダがやや甘めで風味がよく、生ハムがちょっと塩辛いのですが、両者を一緒に食べると味のバランスがよく、おいしくいただきました。マーボー茄子には、山椒などのすり下ろし器が付いていました。これをガリガリやって、挽き立ての山椒をかけながら食べるのですが、これまたおいしく食べられました。
 じゃこ天炙りはイマイチでした。
 刺身は、真鯛、タコ、ホタテの貝柱の3点盛りにしてもらいましたが、それぞれ鮮度があり、おいしかったです。
 料理を注文するとき、メニューを見ると、やや料理のバラエティが少ないような気がしました。しかし、黒板に書かれている今日のおすすめ料理などは、おいしいものが多く、この店はおすすめです。
 最後に会計してみると、小計 7,840 円、5%減 -392 円、外税対象 7448 円、8% 595 円、小計 8,043 円、サービス 3 円で、支払額は 8,040 円となりました。こんな計算をしているということは、元々5%の消費税に対応した値付けをしているということのようです。
 オーツたちはたくさん飲んだわけではないので、2人分で考えればこんなものでしょう。おいしくいただけてけっこうでした。ぜひまた来たいものです。
 あとで気がついたら、ネットには飲み物が10% OFF になるクーポンがありました。
クーポン=http://www.hotpepper.jp/strJ000642026/map/?vos=nhppalsa000013
次回は、ぜひこれを持参したいものです。
2017.6.13 追記
 再度、この店に行きました。
 その話を
http://o-tsu.seesaa.net/article/450812852.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
posted by オーツ at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック